ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ブラック企業vs.モンスター求職者の凄惨な戦い

2010.09.15 WED

噂のネット事件簿


履歴書の志望動機も書かずに面接に挑み、落とされたら「ブラック会社だ」と開き直るのが「モンスター求職者」 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
2ちゃんねるに立てられた「面接行ったらブラックだった」というスレッドが、ちょっと変わった就職体験談として話題になっている。

ある会社の面接に行ったというスレッド主。しかし、履歴書を提出する際、自分側に向けたまま渡してしまい、面接官に「こっちに見せたいなら、こっちに向けて渡すもんじゃないの?」ときつい口調でいわれてしまう。さらに、履歴書の向きを直して渡そうとすると「履歴書見せたくなかったの?読めないもん」と追い討ちをかけられたというのだ。

ここで、普通なら横柄な態度の面接官を非難する書き込みが殺到しそうなものだが、その履歴書の志望動機欄や自己PR欄が空白だったことが判明し、

「志望動機、自己PRが空白フイタwwwwwwwwそりゃぞんざいに扱われるわな」
「志望動機もPRも空白でよくブラックとか言えるな」

と、ネット住民たちの矛先はスレッド主に向けられるようになる。さらに、スレッド主が志望動機などを空欄にした理由を「書くのが面倒だった」と説明すると、

「書くのが面倒とか思ってる時点で仕事なんて長続きしねーよ」
「『仕事が面倒だった』って言いそうだなww」
「お前仕事見つける気あんの?」

と、完全にスレッド主への集中砲火となり、最終的には「新ジャンル モンスター求職者」という不名誉な称号が与えられたのだ。

ちなみに、スレッド主の書き込みによると、面接に行った会社も残業代を払わないなどの「ブラック企業」的要素を持っている模様。結局のところ「ブラック企業」と「モンスター求職者」の「どっちもどっち」な戦いということだったのかもしれない。蛇足だが、このスレッド主は面接に落ちた模様。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト