ネット界の“旬”なニュースをお届け!

漫画4万2000冊が1冊100円でヤフオク出品

2010.09.15 WED

噂のネット事件簿


オークションページには4万2000冊の漫画を所蔵する漫画喫茶の店内画像が掲載。この店舗の漫画と本棚がまるごと出品されたことになる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
Yahoo!オークションに古本漫画4万2000冊のセットが即決価格420万円で出品されて話題となっている。

出品したのは、鳥取県境港市で3月31日まで漫画喫茶を経営していたというユーザー。商品解説によると、その店が閉店となったため、店の在庫約4万2000冊を本棚とともに出品したとのことで、ほかの漫画喫茶や健康ランドなどに向けて出品したらしい。即決価格は1冊あたり100円となる420万円だが、オークションのスタート価格は330万円。

なんとも豪快なこの出品に対して、2ちゃんねるのスレッドおよび、そのスレッドを紹介したまとめサイト「ハムスター速報」のコメント欄では、

「なにこれすごい」
「買っても置くとこないだろwww」
「ちっちゃな本屋さんよか充実しとるがなw」
「42000冊とか総重量何kgくらいになるんだろ」

などの意見が寄せられている。また、即決価格420万円という値段設定については、

「転売目的でも最安一冊10円として42万。そっから42万冊の持込の手間賃を差し引いて…一桁落としても買い手が付くか微妙」
「下手すれば値段もつかないような漫画もあるはず。一冊5円とか10円とかざらだし」
「中古買取なんて10円とれればいいほうなのに単価80円じゃ高いっつーの」
「ちなみに330万円あったら、最新の漫画6600冊も買える。2000冊を新刊で揃えて100万円、残りの230万円で、中古品一括購入したほうがまともにそろうんじゃないの」

と、いくら本棚が付いているとはいえ、スタート価格330万円の即決価格420万円は「高い」という意見が多かったようだ。

そんな価格設定が原因となったかどうかは不明だが、結局オークションは1人も入札することなく、終了してしまった。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト