ネット界の“旬”なニュースをお届け!

2ちゃんねる風のTwitterサービス開設

2010.09.21 TUE

噂のネット事件簿


当の2ちゃんねるユーザーからも「2chにしか見えません」と脱帽するコメントもあるほど ※この画像はサイトのスクリーンショットです
15日、ツイッターは「新しいTwitter.com」と題し、大幅なリニューアルを開始したことを発表した。公式アナウンスページによると、左側にタイムライン(@関連、リツイート、検索、リストなど)、右側に詳細や関連情報(最近フォローしたユーザー、最近フォローされたユーザー、お気に入り、トレンドなど)を表示させる。また、これまでは写真や動画を添付・閲覧する場合、外部のサイトに飛ぶ必要があったが、ツイッターの画面上で見られるようになり、YouTubeなどとも連動するよう仕様変更するとのこと。

新ツイッターは、まず一部ユーザー向けにサービスを公開し、これから数週間がプレビュー期間となる予定。その後対象ユーザーの範囲を徐々に拡大するという。「TechCrunch」ではさっそくその対象になったユーザーが、新しいツイッターの詳しいレポートをしている。それによると、アイコンが大きくなって見やすくなり、画像をツイート上で共有できるようになったことや画面分割によりユーザビリティの飛躍的な向上におおむね好意的な評価を述べている。

一方、日本では個人がツイッターと2ちゃんねるを合わせたようなウェブサービスがテスト運用されていることをニュースサイト『ガジェット通信』が同日伝えている。同ニュースによると、デザインは2ちゃんねるそっくりで、話題がスレッドごとにまとめられ、ひとつの話題に対し、コメントは1000まで表示できるという点も2ちゃんねる同様。ただ2ちゃんねると大きく違うのは、匿名の掲示板ではないということ。投稿名には、ツイッターのアカウントが表示されるのだ。

このサービスに関する記事に、2ちゃんねるでは、

「専ブラ(2ちゃんねる専用ブラウザのこと)でTwitter出来るのは便利」
「スレッド型のほうが馴染み深いから規制や鯖落ちの時(※編集部註:サーバーが落ちたとき)は(過去の話の流れが残っていて)良いかも」

と同サービスのメリットを認識し、好意的な反応もあるものの、

「文字数制限があるからコピペもAA(※編集部註:アスキーアート、文字絵のこと)は貼れんねw」

という嘆きも。さらには、ツイッターが米国発祥のサービスであることに対し、

「日本人なら2ちゃんねるやろ(´;ω;`) 」

と愛国心(?)をのぞかせたコメントも寄せられている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト