ネット界の“旬”なニュースをお届け!

フェラーリ痛車登場にネット住民は羨望とため息

2010.09.27 MON

噂のネット事件簿


初音ミクフェラーリを紹介した「アキバBlog」。アニメ、漫画、ゲームなど、「アキバ系」のニュースについては定評がある ※この画像はサイトのスクリーンショットです
20日、アキバ系のニュースを報じるサイト「アキバBlog」に、「(秋葉原の)中央通りにフェラーリの痛車が止まっていた」という記事が掲載され、これをきっかけにネット住民の間で痛車談議が盛り上がっている。

同サイトによると、19日夕方に秋葉原に現れたこの「フェラーリ F430スパイダー」は、オープンカータイプ、銀色の、紛うことなき本物のフェラーリ。新車価格が2500万円とも言われるこのフェラーリには、ボンネットとサイドにデカデカと初音ミクのイラストが貼られており、リア部分のフェラーリのエンブレムが初音ミクに付け替えられているという凝りように、現場には人だかりができたという。

このニュースが2ちゃんねるで取り上げられると、ネット住民からは

「金があると好きなこと出来ていいのう」
「キモヲタ金持ちすぎワロタwww」
「金をドブに捨てるように使うなあ
いいことだw」
「この車でここまでやったらもう何も言うことはないw」
「これで走るなんて度胸あるなあ、開き直ってれば平気なのか」

と、驚きと称賛の声が殺到。一部から

「所詮シールだからな すぐ剥がしてんだろ」
「どうせシールだろ? 塗れよ」

と、彼らならではの厳しい指摘が登場すると(“初音ミクフェラーリ”のイラストがシールだったかどうかは不明)、2ちゃんねるのまとめサイトには、「これが本当の痛車だ!」とばかりに

「エヴァンゲリオンの式波・アスカ・ラングレーのフェラーリ」
「『魔法少女リリカルなのは』仕様のゼロワン(光岡自動車製の2人乗りのオープンカー)」
「ボンネットに『魔法少女リリカルなのは』のパンチライラストが貼られているため、マニアの間で『おぱんちゅ号』と呼ばれている超有名痛車のシビック」

など、ある意味で“初音ミクフェラーリ”を上回る痛車の画像がまとめられ、マニアの世界の業の深さが改めて浮き彫りになった。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト