ネット界の“旬”なニュースをお届け!

セックスの最中、相手がネット接続するのはアリ?

2010.09.28 TUE

噂のネット事件簿


2ちゃんねるでは、「情事接続」というシャレもみられた ※この画像はサイトのスクリーンショットです
打ち合わせ中などは、携帯電話をマナーモードにしておくのが大人というもの。ところが、日本よりもITのさきがけと思われる米国では、米国人の約4人に1人は「セックス中に相手がインターネット接続しても気にしない」という調査結果が出たという。

AFP BBNewsが報じたところによると、同結果は、PC Tools社が発表したもの。同社のステファニー・エドワーズ マーケティング担当副社長は、「この結果は一見面白いと思えるが、常にオンライン接続された状態でいることが多くの人にとって他のどんなことより極めて重要になっている状況を示している」とコメントしている。「最中」にも、マナーモードではなくインターネット接続をしてしまうという米国人に対し、日本のネットユーザーたちの反応―をのぞいてみよう。

まず、ツイッター上では、

「常にIP reachable(註:インターネット接続可能な状態)でないと耐えられない人が増えているようだ。会議、授業中、携帯メールやtwitter、mixiやっている人良く見かけますが、まずいんじゃない?」

と、セックス中でなくても常にインターネット接続し、メールのチェックや返信をしていることに問題提起をする人のほか、

「集中してあげようよ...」
「絶対イヤ!!( *`ω´) 」

と、セックス中には絶対インターネット接続してほしくないという意見も多数。一方2ちゃんねる上では、

「俺も気にしないけどな。 相手の子はいつもDSに夢中だけど」

と、気にしない派がいるかと思えば、

「俺の彼女、セックスしてる途中でも電話に出やがる」

などと、インターネット接続以外に、相手が電話に出るなど、ネット接続以外の行為に関する告白が相次いだ。

「いやなら言ってくれればいいのに」というコメントも見られたこの議論。一緒に何かを楽しむにも、ひとそれぞれマナーに違いがあるようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト