ネット界の“旬”なニュースをお届け!

『アイマス2』に男性キャラ登場でファン大荒れ

2010.09.29 WED

噂のネット事件簿


Amazonのカスタマーイメージに投稿されたコラージュ画像。実際のゲームに登場する画面ではない ※この画像はサイトのスクリーンショットです
バンダイナムコゲームスから来春発売予定のXbox 360用ゲーム『THE IDOLM@STER2』の内容に、前作からのファンたちが激しい怒りをあらわにしている。

『アイドルマスター』は、プレイヤーがプロデューサーとなり、アイドルをプロデュースし、トップスターへと育てていくシミュレーションゲーム。これまでに、アーケード版、Xbox360版第1作のほか、PSP版、DS版が発売されているが、いずれも登場するのは女性アイドルのみだった。

しかし、『アイドルマスター2』にシリーズ初となる男性アイドルグループが登場することが発表されるや、ファンたちは「そんなもの必要ない!」と強烈な嫌悪感を表明。また、前作から引き続き登場する13人のキャラクターのうち4人は育成できないことも明らかになり、この点についてもファンたちからの怒りを買っている。

ネット上では『アイマス2』に対する抗議活動が各所で勃発。特にAmazonの商品ページでは、抗議の内容を表現したコラージュ画像が、商品の「カスタマーイメージ」として大量に投稿されるというなんとも珍しい状態となった(一部画像は削除済み)。

さらに、オンライン署名サイト『署名TV』では、4人の育成不可撤回を求める署名活動が始まり、開始から3時間で目標人数の1000人を突破。その後、目標人数は7650人に変更されたが、2日後にはそれも突破している。

ファンと思われるネット住民たちは、この『アイマス2』について、

「長年の固定ファンのある人気キャバクラで、急遽4人がクビになり、変わりにイケメンホストが3人追加になり、キャバ嬢が客無視して、キャアキャア言ってるのを横から見てる状態」
「その上で『このままだとホストクラブになっちゃいますよ!もっとお店に来て盛り上げて下さい!』といわれてるようなものか」

と表現している。今回の抗議活動は同作がそれだけファンの心を虜にしていることの表れともいえるが、事情を知らぬ一般人からみると、その情熱に圧倒されてしまいそうになる。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト