ネット界の“旬”なニュースをお届け!

地図上がつぶやきだらけになる!?

2010.10.04 MON

噂のネット事件簿


東国原知事のつぶやきが表示された、宮崎県庁付近の地図 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
自社の地図情報サービス上にグーグルストリートビューを表示させるなど、“まさかのコラボレーション”を積極的に展開しているマピオンが、29日、新たなサービスを公開した。

今回マピオンがリリースしたのは、地図上に自治体の知事や市長(首長)のツイッターのつぶやきを表示する機能『マピオンメイヤー』。マピオンによると、「自治体や首長のつぶやきを地図上に表示することにより、自治体からの様々な情報を広める」のに有効だという。

地図上につぶやきを表示させる機能としては、登録者の最新投稿がグーグルマップ上でみられるサービス「ツイートマップ」がある。こちらはリアルタイムに居場所がわかり、登録者のアイコンにカーソルを合わせるとつぶやきが表示されるというものだ。『マピオンメイヤー』では、発信者が首長という公人のためか、つぶやきは常に役所の位置に表示される。

ツイッター上では「これは面白いw」という声もあるが、対応するツイッターのアカウント数は10月1日現在、知事が岩手県、宮崎県など7県のほか市長、町長、区長が39アカウント。3月31日時点で、日本の自治体の数は、1都1道2府43県の合計が47、市町村と23の東京特別区合計が1750であることを考えると、身近に感じられるようになるのは、もう少し先のことかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト