ネット界の“旬”なニュースをお届け!

AKB48のグッドデザイン賞候補にネット界「?」

2010.10.05 TUE

噂のネット事件簿


2010年度グッドデザイン賞ベスト15に選出されたAKB48。「プロジェクトデザイン」としての受賞 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
年に一度、応募された対象から「優れたデザイン」を選んで表彰する「グッドデザイン賞」。その2010年度大賞候補となる「グッドデザイン賞ベスト15」にアイドルグループのAKB48が選出された。

もともと工業製品だけでなく、イベント活動やサービス、ビジネスモデルなど、幅広い分野のものが対象になるグッドデザイン賞だが、ホンダのハイブリッド車「CR- Z」やソニーのハイビジョン液晶テレビ「ブラビア」などと並んで「AKB48」が選ばれたことを、意外に思う人も多いかもしれない。

審査委員のコメントによると、「AKB48」を「近年のエンターテインメントプロジェクトデザインとしては群を抜いた先見性と完成度で、社会に非常に大きなインパクトを与えた」と評価。さらに「ジャパニーズポップカルチャーをグローバルなエンターテインメントビジネスとして成立させる可能性を大きく感じさせるプロジェクトデザインである」としている。

AKB48に対するこの評価について、

「確かに、いわば新しいプラットフォーム、もしくはフォーマットを作り上げたと言っても過言ではない」
「久々に既存のアイドルのイメージを打破した。時と場所によってめまぐるしくカラーを変える、それが輝きまぶしく今の世に映っているのかな」

という反応がツイッター上で一部あるものの、2ちゃんねるはじめ多くのネット住民たちからは、

「褒め殺しにしか見えないw」
「立ち上げ時に居たメンバーがガンガン抜けてるのに先見性ってのは…w」
「おいおい、おニャン子の焼き直しだろうがw 何が先見性だよwww」

などといった意見が寄せられている。どうやら違和感を抱いている人も少なくないようだ。

ちなみに、事実上2ちゃんねるのAKB48専用板となっている「地下アイドル板」では、グッドデザイン賞受賞に関する専用スレッドは10月4日現在ひとつも立っておらず、 AKB48の総合スレッドで多少話題になっている程度。せっかくの受賞だが、あまりファンの心には響かなかったようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト