ネット界の“旬”なニュースをお届け!

都道府県名の英語化でネット住民大盛り上がり

2010.10.05 TUE

噂のネット事件簿


47都道府県のすべてを英訳するネット住民も現れた ※この画像はサイトのスクリーンショットです
なんとも馬鹿馬鹿しいことでも、一生懸命になって盛り上がるのがインターネットの面白いところ。まさにその実例ともいうべき“コンテスト”が2ちゃんねるで繰り広げられた。

コンテストの舞台となったのは、2ちゃんねるのニュース速報VIP板に立てられた「都道府県を英語にして一番かっこいいやつが優勝」というスレッド。そのタ イトルの通り、都道府県名を英訳し、そのかっこよさを競うというものだ。いったいどんな英訳版都道府県名が挙げられたかというと、

愛知県→Love Knowledge
青森県→Blue Forest
京都府→Capital Capital
三重県→Triple Layer
富山県→Rich Mountain
熊本県→Bear Book

など、基本的には漢字の意味を直訳したものが多かった。また、よりかっこよさを追求するため意訳をしたバージョンも多く投稿されていた。

兵庫県→Arsenal(兵器庫の意味)
愛知県→Philosophy(哲学の意味。ギリシャ語の『philos=愛好する』と『sophia=知』が融合した『philosophia』が語源)
埼玉県→Rainbow Jewelry(『彩の国さいたま』から)

さらに、

千葉県→Disney Land

と、やや皮肉がこもったものもあった。ちなみに、投稿された英訳版都道府県名のなかで、特に「かっこいい」と評判だったのは、静岡県の「Silent Hill」。逆に一番ダサいものとして挙げられていたのは和歌山県の「Japanese Song Mountain」だった。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト