ネット界の“旬”なニュースをお届け!

mixiで改造ポケモンを売る少年、即行で逃亡

2010.10.12 TUE

噂のネット事件簿


セット割引もある「ポケモン販売」。著作権侵害の可能性が高い行為だが「モバゲーでもやっていましたが需要が多過ぎて供給が間に合いませんでした…」との記述もあるように、かなり人気だった模様 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
mixiに開設された「ポケモン販売」というコミュニティで、データを改造して作ったと思われるオーダーメイドの「ポケモン」が、1体250円で販売されていたことが発覚した。

このコミュニティの管理人は18歳の専門学校生とみられる男性ユーザー。いかなる手段でオーダーメイドのポケモンを作っているかは明らかにされていないが、通常のゲームでは不可能な設定でもオーダーできるということで、非公式のデータ改造ツールを使ってのポケモン作成だと思われる。販売価格は1体250円。6体1000円、12体1900円、18体2500円とセット価格も用意されていた。

2ちゃんねるで、この「ポケモン販売」コミュに関するスレッドが立つや否や、

「よし、これは潰せ」
「ほらさっさと潰せよお前ら」

と、“炎上”を促すような書き込みがなされた。その後、実際にこのコミュニティの管理人と思われる人物の出身高校が判明し、さらには顔写真もアップされてしまった。

こんな状況のなか、コミュニティはすぐさま閉鎖、さらに管理人もmixiを退会し、今回の炎上騒動はあっさりと幕を閉じることとなった。

ネットオークションをのぞいてみると、様々なゲームのセーブデータが販売されており、なかには改造されたと思われるセーブデータが出品されるケースも少なくない模様。今回の「ポケモン販売」は騒ぎとなったが、ほかにもまだまだモラルに反した行動があるようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト