ネット界の“旬”なニュースをお届け!

GAP あまりの不評にロゴ変更を断念

2010.10.14 THU

噂のネット事件簿


結局元サヤに戻されたGAPのロゴ。これも新たな戦略? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ファッションブランド「GAP」のブランドロゴ変更騒動に、ようやく終止符が打たれた。

GAPは4日、ブランドのオフィシャルサイトのロゴを変更した。もともと紺地に白抜きのシャープなフォントで「GAP」と記されたものから、新ロゴの白地に黒い太字で「Gap」と書いたものに変更された。

ところが、この新ロゴはGAPファンに大不評で、ネットユーザーが次々とネット上で反対の意思を表明。そのためGAPは6日、Facebookで「みなさんの新しいロゴに対するご意見ありがとうございます。私たちはこの新しいロゴを気に入っていますが、みなさんのアイデアも見たいと思います」というメッセージを発表し、その行方が注目されていた。

そして12日、GAPはついに「OK。みなさんが新しいGapロゴを好まないことがはっきりと聞こえました。私たちは今夜青く四角いボックスのロゴへ戻します」と、新ロゴへの変更を正式に断念。日本国内のツイッター上でも2000件以上つぶやかれたGAPのロゴ論争は、ここに終結した。

今回のように、企業サイドが発表したブランドロゴの変更について、ネット上で論争が起こり、「ロゴ変更が白紙に」などという事件は前代未聞。それゆえこの“元サヤ”は、

「ある意味すごい伝説が生まれた」
「評判が悪いから元に戻すって」
「新ロゴなんて最初は評判悪いに決まってる」

と、ツイッター上でも新たなつぶやきのネタになっており、ユーザーからは

「再注目させる作戦だったんじゃないかなあ」

というつぶやきも登場している。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト