ネット界の“旬”なニュースをお届け!

エイベックス社長松浦氏ツイッター炎上 あゆが沈静化

2010.10.19 TUE

噂のネット事件簿


ツイッターで話題のトピックをまとめたTogetterでも、たくさんの記事がある松浦氏 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
エイベックス社長の松浦勝人氏(46歳)は、10万人以上のフォロワーを持つツイッター界の人気者の一人。だがこれだけのフォロワーがいると、アンチもそれなりにいる。今年7月には韓国アイドル・東方神起の活動休止について「五人になってもらいたいのは俺の考え。ならないのは、彼らの意思」などと書いた(東方神起は当時エイベックス所属)ところ、東方神起のファンらがツイッター上で猛反発。

「また松浦なんかつぶやいてる、むかつく」
「自分のフォロワーがどれだけいるか、自分の言葉がどれだけ影響力があるか考えた上で言葉を選んで欲しいです」

というコメントに対して松浦氏が「では、フォロワーが多い人は、上っ面な発言だけしてろという事ですね。カルチャーショックです」と意見を述べたところ、

「なんかスゴイ気持ち悪くなった…ツイッターやっててこんなに気持ち悪くなったのは初めてだ…」
「信じちゃいなかったけどさ…公人ってもっと自分の行動にモラルがあると思ってたよ…」

などとまたもや「アンチ」から非難された。その後松浦氏のことを尊敬している浜崎あゆみが東方神起ファンをなだめるなどして収束したが、このたび、再び同様の件が発生。

13日、とあるフォロワーから「日本の恥さらし消えなさい消えて」と書かれ、松浦氏は「はい。リスト(註:ユーザーを任意にリスト化(グループ分け)する機能。直接フォローをしていない人でも、それぞれのリストに含まれたユーザーだけのタイムラインを見ることができる)にいれときました。発言には気をつけてね」と応じた。その後別の人物から「恥さらしめ」と書かれたのだ。

積極的に返信する松浦氏がさらにヒートアップしそうになったことを心配したのか、浜崎あゆみがまた登場。浜崎が「まさ、やめよう。もうじゅうぶんすぎるほど、傷付いたでしょ」と呼び掛けたところ、「わかった。徹底的にやろうと思ったけど、ayuに言われちゃしょうがない」と松浦氏はアンチとのバトルをやめることを宣言した。

その後もファンから「アンチよりファン相手にしてくださいょーーー」などと激励のことばが多数寄せられ、松浦氏は「確かに(笑)」と書いている。著名人ツイッターユーザーはアンチの攻撃を受けながらも、ファンからの擁護も受け、バランスがとられるようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト