ネット界の“旬”なニュースをお届け!

若年単身者の収入男女逆転「養う必要なくなった」

2010.10.20 WED

噂のネット事件簿


調査を行った総務省統計局のサイト。漢字は多いが、見た目はわりとポップ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
総務省が単身世帯を対象にした調査を行い、30歳未満の可処分所得(≒いわゆる「手取り」。収入から、税金と社会保険料などを差し引いた残りの額)は、初めて女性の方が高くなったという。

この調査結果は、9月30日に発表された、総務省の「平成21年全国消費実態調査」で明らかになったもの。2009年度の「若年勤労単身世帯の男女別1か月平均実収入及び消費支出の推移」を見てみると、男性の可処分所得が21万5515円なのに対し、女性は21万8156円となっており、調査開始以降初めて男女の収入が逆転した。

この結果はネット住民の間でも大きな衝撃を呼び、2ちゃんねるでは

「情けないなぁ。
日本の男は。
言い訳ばっかw」
「これで、女性が年収600万の男を望む理由がお分かりいただけただろうか?」
「稼ぐ気のない男が脱落しただけ
何の問題もないよ」

という女性側の厳しいツッコミに、男性陣が

「もう男性が女性を養う必要はなくなったんだ」
「こういう結果が出てもなお、
国際平等指標で94位?
一体どんな調査なわけ?」
「後は任せたぞ^^」
「風俗嬢が増えたんだろw」
「今までデートでおごってたのは何だったんだ?」

と、開き直る苦しい展開に。スレッドには10月19日現在、2700件以上の書き込みがあったが、

「正直、自分の彼女が看護士で良かったw」

という書き込みには、

「捨てられないように気をつけろ」

というアドバイスが寄せられるなど、男性陣は終始劣勢を強いられた。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト