ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「絡んだことのない人をブロック」の是非で議論

2010.10.25 MON

噂のネット事件簿


ツイッターの公式サイトではブロックについて「あなたが特定のユーザーをブロックされた際にそのユーザーに通知しませんが、あなたをフォローできなくなる為、そのユーザーはあなたにブロックされたことを認識する可能性があります」と説明している ※この画像はサイトのスクリーンショットです
本来、現実世界とは異なり自由な世界とされていたインターネットでも、時にルールが発生し、それがユーザーを疲弊させることもある。例えば、SNSのミクシィでは「(日記の)読み逃げ禁止」や「日記についたコメントにはレスを返す」といった「暗黙のルール」のようなものが一部で自然発生し、そのルールに振り回されて疲れた挙句、退会に至る例もあった。

それと似たような状態が、今ツイッターで生まれつつある。ツイッターはもともと「フォローするもされるも自由」「ブロック・リムーブご自由に」「返事をする・しないもユーザー次第」といった自由な空間だとされてきた。だが、ユーザー数が増加すると「フォローされたらフォローし返す」や「非公式RT(引用)禁止」などのルールやマナーも登場するようになる。

この「ルール」や「マナー」について、最近議論となっているのが「絡んだことがない人をブロックすることの是非」。ブロックすることで、自分のツイートをその相手に見られないようにすることができ、同時に相手のツイートを自分が見ないようにすることができる。例えば、スパムツイートを受けたり、いやがらせを受けたりした時などには、特定のアカウントをブロックをすることで自己防衛ができるのだ。

発端は、とある高校生からブロックされた人物が「何もしていないのにブロックされたこと」に疑問を呈したことにある。その後、いろいろとこの件について書いた周辺の人々も軒並みブロックされるという事態になり、ツイートをまとめるサイトTogetterで「『なんとなく嫌だから』でブロック機能を使う子供はリアルを生きていけるのか?」というまとめ記事が立った。

まず高校生は「片思いフォローされてるけど、ブロックしておこうか」として一度も絡んだことのない人物をブロック。するとブロックされたこの人物は「だからなんで一度も絡んだ事ない貴方が私をブロックしているのか、その理由をですね・・・もぅ、気になって 気になって、歯も磨けない毎日が続いてます」と告白したのだ。

その後、周囲の人も巻き込まれる。この騒動について言及した人が「しかし、これで大笑いしとったらワシもブロックされるんとちゃうかの?」と書いたところ、この人もブロックされてしまい、すぐに「って言うたそばからワシもブロックされたがなwwwwwww」とコメントする羽目になった。

この高校生は「1日10人弱のペースでブロックしてるので、いちいち覚えてないんですけど…」と書いており、ツイッターのブロック機能を使うことに躊躇がないようだ。これに対し、ブロックされた人物は「ブロック機能サクサク使う高校生とか、将来どうなるのかしら…」と心配するものの「ブロックされるのが嫌だったらTwitter辞めろ」との反論も別の人から出た。

この一連の動きをまとめたTogetterの記事は10月22日現在1万回以上読まれており、なかなか結論は出ていないが「ブロックすることの是非」について、まとめ記事のコメント欄でもアツい議論が展開されている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト