ネット界の“旬”なニュースをお届け!

【社会調査】主婦の4割は写真のネット公開OK

2010.11.01 MON

噂のネット事件簿


「4割がOK」ととるか「6割がNG」ととるかは難しいところ。ネット上は否定的意見が圧倒的だったが… ※この画像はサイトのスクリーンショットです
MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)が、「ネットへの写真公開に関する主婦の実態調査」を行い、約4割の主婦が「写真をインターネットで公開されることに抵抗はない」と答えていたことが明らかになった。

この調査は、MMD研究所が10月6日~18日にかけて、10~40代の主婦644人を対象に行ったもの。まず「子供や友人と撮った写真をSNS(ソーシャルネット・ワーキング・サービス)やブログにアップしたことがあるか?」という質問に対し、70.5%が「アップしたことがある」と回答した。

そして、「友人・知人が自分と一緒に取った写真やプリクラなどを、SNSやブログにアップすることについてどう思うか」(原文ママ)という質問に対し、8.5%が「全く抵抗はない」、30.6%が「あまり抵抗はない」と回答。合わせて約4割の主婦が「抵抗がない」と感じていることが明らかになった。

この調査結果がYahoo!ニュースで報じられると、コメント欄には

「何かが起こってからでは遅い、
ってことを全く認識していませんね」
「ええええええ…危機感ないなぁ」
「顔と個人情報は晒さないのがネットの常識」
「ネットを甘く見ない方がいいと思います!」

と、主婦のネットリテラシーの欠如を問題視するコメントが殺到。一部には「個人の感覚は自由」という声もあがったが、コメント欄はほぼ全面的に否定的コメントで埋め尽くされた。

正直なところ、ネット業界で働く端くれとしても、上記の認識(4割が「抵抗がない」と回答)には、少々の驚きを禁じ得ない。現実的には

「自分は好きにすればいいけど、他人が一緒に写ってる場合は承諾取れよ」

という意見が限りなく正解に一番近いのではないかと思うが、みなさんはいかがお考えだろう?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト