ネット界の“旬”なニュースをお届け!

坂本龍一の演奏 ネットで視聴する贅沢なひととき

2010.11.05 FRI

噂のネット事件簿


Ustream中継は、準備段階から視聴することが可能。これらの公演はiTunesアルバムとしてiTunes Storeで販売される予定 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
日本時間10月31日、シアトルで行われた坂本龍一の公演がUstreamで生中継され、約9000人が視聴した。さらには日本時間11月4日のサンフランシスコ公演も生中継された。Ustreamはアーカイブを残すものではないため、その場に居合わせた人のみが視聴できる、いわば「一期一会」。

そもそもこの中継が実現したのは、元マイクロソフト日本法人社長で現在慶應義塾大学大学院教授の古川亨氏が、ツイッターで「坂本龍一さんから、ピアノソロコンサートの会場でUST中継してちょーだいとのお言葉、機材の整備をしている…シアトル会場のネット環境など大丈夫なんだろうか…どきっ、どきっ」と書いたことに端を発している。

これに対し、ソフトウェアの開発・販売会社デジタルステージの平野友康氏が「うおー!期待!てか、古川さん一人で中継ってのがスゴイ。て、手伝いたい…」と書いたところ、なんと古川氏は「いらっしゃい!」と書いたのだ。そして、平野氏は「よし、こんな人生の面白いチャンス、無駄にすていいわけないじゃんか!会社大騒ぎだろうなー。周囲にはちょっと迷惑かけるけど、ごめんね!行っちゃいます!!!!」(原文ママ)と言って、本当に渡米。坂本氏の公演をUstreamで中継したのである。

10月31日の公演は日曜日の午後ということもあり特に大盛況で、一斉にツイッターで感想が書きこまれた。

「特別なステージ演出も無く、MCも無く それでもこれだけ魅せてくれるんだもんなぁ」
「素敵な日曜の午後や」
「紅茶を飲みながらのUST観覧。至福以外の何でもない」
「家に居ながら坂本龍一のライブを無料で楽しめる時代、Uストリーム恐ろしい子ッ!」

などのコメントからもわかるように、坂本龍一、そして無料で楽しめるUstreamの力を改めて感じたようだ。

Ustreamでの告知によると、次回の中継は、日本時間11月6日の午後1時とのこと。今後の中継にも注目したい。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト