ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ドワンゴ ひろゆきも褒めた15歳エンジニアを採用

2010.11.12 FRI

噂のネット事件簿


みゆっきさんが運営するコミュニティ「ニコ生技術開発部」。みゆっきさんがネットを始めたのは小学校1年生のころで、プログラムは中2の秋から始めたとか ※この画像はサイトのスクリーンショットです
「ニコニコ動画」の運営元として知られるドワンゴが、9日、15歳の高校生をエンジニアとして採用すると発表し、波紋を呼んでいる。

採用されたのは、ハンドルネーム「鳥居みゆっき」さん。そもそもドワンゴは、能力があれば年齢などを問わない採用をおこなっており、今回は現役高校生のため、アルバイトでの契約となる。ニコニコ事業部本部長・千野裕司氏によると、「鳥居みゆっき」さんは、以前よりニコニコのヘビーユーザーであり、自身で思いついたニコニコの機能やサービスの改善策を実現する中学生として社内でも話題だったため、採用に踏み切ったという。

大きく話題となったのは、今年4月、「出来ないはずなのに彼が高画質放送をしてしまった」事件だそう。通常のニコニコ生放送では、画質と動きの滑らかさを両立できなかったのに、みゆっき氏が高画質で動きが滑らかな動画で、かつステレオ音声で生放送できる技術を開発。それを解説する動画をニコニコ放送で配信したのだ。放送中のコメント欄ではドワンゴの関連会社ニワンゴの取締役で元2ちゃんねる管理人のひろゆき氏も「画質すげえ。」というコメントとともに登場し、それをみたユーザーにより、ツイッター上で「ひろゆき氏降臨」などと騒然となった。

そんな逸話のある天才エンジニア・みゆっき氏がこのたび採用されたことを受け、ツイッター上では、

「技術的なことはよー分からんが、まぁ・・・いろいろショックだww」
「すげえwwwww同い年とかありえんwwwwwwwww」
「自分の年齢とスキルを確認して落ち込んだ」

と、彼がまだ「15歳」ということに、さまざまな年齢層が衝撃を受けている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト