ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ネット流行語大賞、予備調査。「sengoku38」が有望?

2010.11.15 MON

噂のネット事件簿


ちなみに、昨年の年間大賞金賞は「※ただしイケメンに限る」 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
毎年この時期に行われる「ネット流行語大賞」の予備調査が、コッソリアンケートで10日から11日にかけて行われた。

調査は、「2010年に流行した言葉で、あなたが2010年の『ネット流行語』としてもっともふさわしいと思う言葉をひとつ教えてください」という問いで、回答数は4189。53もの選択肢が用意されている。結果は、ダントツで「sengoku38」(12.9%)が1位。2位の「尖閣諸島」(6.3%)の倍近い票を集めている。3位には、ツイッターの普及を反映し、「なう」(6%)、4位「ルーピー」 (6%)と続き、5位には、2011年発売予定のPS3/Xbox 360用の3Dアクションゲーム『エルシャダイ』のデモムービーに登場する「大丈夫だ、問題ない」(5.6%)が。

コメント欄には、

「sengoku38が突如としてあらわれ一気に掻っ攫ってったな」
「ネット流行語という意味ではsengokuが一番流行った(話題に)なったかな」
「以前ならルーピーだったけど、今ならsengoku38に決まり」

と、尖閣諸島沖で中国漁船と日本の巡視船が衝突した際の映像をYouTubeにアップし流出させた、「sengoku38」の強烈さは流行語として妥当という声が多数。結果発表の日程はまだ明らかにされていないが、果たして何が1位となるか。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト