話題のニューストピックを追跡!

ボジョレー・ヌーボー 評価はどうやって決まる?

2010.11.15 MON

フランスワインのボジョレー・ヌーボーが18日に解禁されるが、毎年メディアでは「今年のボジョレーはこんな感じ」との評価が掲載される。「10年に1度の逸品」「10年に1度の当たり年」「ここ数年で最高」といった表現は、いったい誰が決めるのか? ワインの輸入業者に聞いてみた。

「基本的にはボジョレーワイン委員会が、その年のできを明らかにします。これを、SOPEXAというフランスの食品振興会が発表します」とのことだ。そして、このボジョレーワイン委員会の発表に加え、日本の各輸入・販売メーカーがその後表現をアレンジして「今年のボジョレーのでき」を発表するという。

だが、ひとくくりに「今年のボジョレーのでき」を言えるものなのだろうか? 同じボジョレー地方産のワインとはいえ、生産者によって味にばらつきがあったりしないのか? これについて前出の輸入業者はこう語る。「メーカーは様々なワイン製造者と契約していますが、ブドウの味を左右する『天候』は同一地域なら基本的に変わりませんから、業者ごとに味はたいして変わらないんですよ。ですから、メーカーが表現をアレンジするといっても、ボジョレーワイン委員会が発表する内容でほぼ決まるところはありますね」

そこから先の各メーカーの発表はどうなるのか?「委員会の評価に加え、生産者が収穫時期やら日照量、雨量など細かいところを発表します。それを受けて、日本のメーカーが『より売るための』ステイトメントを発表するのです」。

今年のボジョレー、果たしてどんなできか? 間もなく発表される評価を待とう。

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト