ネット界の“旬”なニュースをお届け!

FIFA年間最優秀ゴール候補にU-17女子横山選出

2010.11.22 MON

噂のネット事件簿


画面右側の白いユニフォームが横山久美選手。背後にいる赤いユニフォームの選手全員をドリブルで抜き去った直後のシーン。このあとシュートを打ち、見事に決める ※この画像はサイトのスクリーンショットです
FIFA(国際サッカー連盟)は11月16日、2010年の年間最優秀ゴールに贈られる「プスカシュ賞」の候補となる10ゴールを発表、動画が公式サイトにアップされた。アルゼンチン代表のメッシやオランダ代表ロッベンなどの世界的スーパースターのゴールがノミネートされるなか、唯一女子サッカーからU-17サッカー女子日本代表のFW横山久美(17歳)のゴールが選ばれた。

今年9月にトリニダード・トバゴで行われたU-17女子ワールドカップの準決勝、北朝鮮戦で決めたこのゴール。横山選手は約25mの距離をドリブルで突破、6人を抜き去ったうえで、シュートをゴールに叩き込んだ。1986年ワールドカップメキシコ大会でみせたアルゼンチン代表マラドーナによる「伝説の5人抜き」を彷彿させるこのスーパーゴールにネット住民たちも大興奮。

「これはすごいw」
「ボールが足に吸い付き過ぎワラタww」
「どこの翼君だよwww」
「あれはメッシ以上だったな。マンガの1シーンのようだ」

と、普段サッカー日本代表には厳しいネット住民たちも、脱帽するほかなかったようだ。

この横山選手による「6人抜きゴール」はYouTubeでも以前から人気で、複数の動画がアップされている。そのほとんどに「Historical Goal」「Legendary Goal」「Maradona is a woman!!!!」などといったタイトルがつけられており、海外のサッカーファンからと思われる絶賛コメントも多く寄せられている。

プスカシュ賞はFIFAの公式サイトで行われているファン投票によって決定。来年1月10日に行われる年間表彰式で発表される。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト