ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ZOZOTOWNが千葉マリンの命名権獲得に名乗り

2010.11.22 MON

噂のネット事件簿


スタートトゥデイによる千葉マリンスタジアムの命名権獲得に向けた特設サイト。地元幕張に本拠地を構える企業として、期待する声も多いようだ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
大手ファッション通販サイト『ZOZOTOWN』を運営するスタートトゥデイが、千葉マリンスタジアムの命名権獲得に名乗りをあげた。現在、命名権獲得に向けた特設サイトをオープンし、応援署名を呼びかけるとともに、新球場名のアイデアも募集している。

千葉マリンスタジアムの命名権が売却される予定であると報じられたのは10月21日のこと。この報道を受け、あるツイッターユーザーが「ZOZOマリンスタジアムはどうだろ。勢いあるし、何か面白いことやってくれそう」とつぶやいたところ、ほかのユーザーもこの発言をリツイート。そして翌日、これらのつぶやきに対し、スタートトゥデイの代表取締役である前澤友作氏が「やりますかっ!?」と返答した。

これらツイッターでのやり取りが命名権取得に名乗りをあげた直接のきっかけかどうかは不明だが、11月17日になってスタートトゥデイは命名権獲得の意思を表明、特設サイトをオープンするに至った。特設サイトには、千葉の幕張エリアに本社を構える同社が過去に行ってきた千葉ロッテマリーンズとのキャンペーンの模様などが紹介されている。

前澤氏のツイッターでのつぶやきによると、11月18日21時の時点で、署名総数1万81件、ネーミングのアイデアで多かったものは「ZOZOマリンスタジアム」「ZOZOスタジアム」「千葉ZOZOスタジアム」など。ちなみに、前澤氏は新球場名について「個人的には『千葉ZOZOマリンスタジアム』かな」とつぶやいている。

千葉市によると、命名権を買うスポンサー企業の募集は11月25日までで、12月上旬に交渉先が決定するとのことだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト