ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ラブプラスイベント ネット生中継に異論反論

2010.11.24 WED

噂のネット事件簿


ラブプラス×JOYSOUNDのページでは、会員登録をしたうえで、視聴が可能。ただし、仮想通貨の「JOYポ」が必要 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
19日からカラオケチェーンのJOYSOUNDと人気恋愛シミュレーションゲーム『ラブプラス』のコラボ企画が開始した。「ラブプラス×JOYSOUND」は、ラブプラスに登場する3人の「カノジョ」がカラオケ店でそれぞれの持ち歌を動画で披露するというもの。このサービスを楽しめるのはJOYSOUNDのカラオケ機器「CROSSO」が導入された店舗だけ。

高嶺愛花が『ラムのラブソング』(アニメ『うる星やつら』主題歌)を歌い、小早川凛子が『そばかす』(JUDY AND MARY)を、姉ヶ崎寧々が『MUGO・ん…色っぽい』(工藤静香)を歌う。

また、12月23日には、この3人の歌やおしゃべりで構成されるクリスマスイベント「メリープラスマス2010」(抽選で参加者決定・参加費3150円)の開催が、ゲームの製造元であるコナミから発表された。

今回のサービス開始とイベントの開催を受け、2ちゃんねるでも話題が沸騰。「イヤァッホォォォォィ!!クリスマス最高!!」と喜ぶ人が続出する一方、曲について「この選曲…ラブプラスのユーザーはオッサンばかりなのか…」「部屋の電気消してモニタにキスしたりするんだろうか オタ同士で間接キス始まったな」と複雑な気持ちになるなど、カラオケ店内の様子を想像する人も登場。

また、イベントがネットで生中継されると発表されたことについては「ねっとちゅうけいだと…? 行きたいけど、これは…」「やめろ!こんな映像を世界に流すな」と反論する人も登場した。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト