ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ゲーム内で「FF14続けるよ」と叫びアピール

2010.12.03 FRI

噂のネット事件簿


「続けるよ!キャンペーン」実施中のFF14プレイ画像。「私はFF14を続けるよ」といい合うことで、あまり評判の良くないFF14への不安な気持ちを和らげたいというのが、このキャンペーンの目的だという ※この画像はサイトのスクリーンショットです
9月30日からWindows版の運営が始まっているオンラインRPG『ファイナルファンタジーXIV』(以下FF14)だが、スクウェア・エニックスの和田洋一社長が2010年9月期中間決算で「FF14がユーザーから不評である」と認めるなど、幸先の良いスタートが切れなかったことがネット上でも話題になっていた。

スクウェア・エニックスは、このような状況を打開すべく11月26日には大幅なアップデートを実施。事態は改善に向かっているようだが、そんななかあるひとりのユーザーが「続けるよ!キャンペーン」なるものを始め、ネット上で注目を浴びている。

この「続けるよ!キャンペーン」とは、FF14のゲーム内で他のユーザーに対して1日1回「私はFF14を続けるよ」と話しかけ、その言葉を聞いたユーザーは「私も続けるよ」と返事をする、というもの。つまり、「続けるよ」と呼びかけることによって、ユーザー数を減らさないようにしようという試みだ。

あくまでも1人のユーザーが自主的に行っているこのキャンペーン。これに対して、2ちゃんねるでは、「続けるのアピールしてどうすんだよw」「ネトゲて無理してまで続けるもんかよ」などの意見が多く寄せられており、あまりいい印象は持たれていない模様。

しかし、「続けるよ!キャンペーン」を行うユーザーのブログを見ると、「愛のある良い企画だと思いますー」「外野の反応はともかく、あんたみたいな行動する男と一緒の鯖(編集部註:サーバーのこと)にいることは心強いぜ!」「キャンペーンでの地道な活動、本当に感動しちゃいます…」などと、応援コメントが多数投稿されており、FF14ユーザーの間では、意義あるものとして捉えられてもいるようだ。

「続けるよ!キャンペーン」は13日間で終了しているが、このユーザーは次なるキャンペーンとして「遊ぼうよ!キャンペーン」なるものを企画しているという。その内容はまだ明らかにされていないが、FFファンの間に新たな波紋を呼ぶことになるのだろうか。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト