ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ツイゲキ「放送では絶対できない」不健全劇を公演

2010.12.08 WED

噂のネット事件簿


全5話のオムニバス形式で行われた第1回公演「FUKENZEN」。ちなみにネット住民に大人気だった「テブラーマン」は、Fカップアイドル芸人“魔女っこ”の2人 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
先日web R25でも取り上げた、ツイッターだけでスタッフを集めた劇団“ツイゲキ”が11月28日、大好評のうちに第一回公演を終了。そのハジけっぷりが評判だ。

「放送では絶対できないことをする」としていたツイゲキ代表・片岡K氏。「素人がプロと一緒にやるために重要なこと。プロの能力に敬意を払いつつも、決して彼らを恐れないこと。突拍子もないアイディアが浮かんだら、恥ずかしがらずに堂々と提案すること。ちょっとでもわからないことがあったら、絶対に知ったかぶりをしないこと」と今回の取り組みをツイッター上で振り返っていた。

反響や達成感がツイッター上で語られるなか、4日朝、フジテレビの情報番組『新・週刊フジテレビ批評』で公演までの同劇団への密着取材が放送されると、それをみたネットユーザーたちは早速2ちゃんねるでスレッドを立ち上げ、

「すごいおっぱいだな」
「おっぱいでかいな」

と、目が一点に釘付け。それもそのはず、ちょうど胸の部分だけぱっくり開いた衣装を身に着け、手で乳首を抑える女優が堂々と舞台に立つ姿が紹介されたのだ。そして、その胸について

「抑えてる(編集部註:“押さえている”の誤変換と思われる)肉の感じが本物」

と本物だとする声があるかと思えば、

「ニセモンだろ・・・」
「本物だと風営法ひっかかるんじゃね?」

と、あまりの胸の大きさと、まさか露出するはずがないという思いから本物のハズはないと思う人も。いずれにしても、すごいことをする劇団が出てきたものだという衝撃を受けている様子である。その期待は数字にも表れ、なんと4日中に「ツイゲキ」がGoogle急上昇ワード1位になった。なお、第2回公演は来年春の予定だという。

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト