ネット界の“旬”なニュースをお届け!

石原都知事の同性愛者言及にゲイスレ余裕の反応

2010.12.09 THU

噂のネット事件簿


石原都知事の発言に対して、2ちゃんねる同性愛サロン板での一言目は「だからなに?」だった ※この画像はサイトのスクリーンショットです
漫画やアニメなどに登場する18歳未満のキャラクターに対する性的な表現を規制する都青少年健全育成条例改正案について、都内のPTA団体などが改正案成立を求める要望書を都に提出。それに対して、石原慎太郎都知事が「子供だけじゃなくて、テレビなんかにも同性愛者が平気で出るでしょ。日本は野放図になり過ぎている。使命感を持ってやります」と応じたと、報じられている。

石原都知事による同性愛者に対するこの言及は、当然のごとくネットでも大きな話題となっており、2ちゃんねるのニュース速報+板では、12月7日時点で13スレッド目に突入している。そこでの反応を見ると、

「条例の私物化だな、きたねぇ 」
「石原さん、こればかりは黙っておれない。同性愛は悪いことじゃないだろ」

など、「差別的発言」と捉えられかねない表現に嫌悪感を抱くネット住民が多かった。

では、都知事にひどい言及をされた同性愛者はどう反応しているのだろうか。2ちゃんねるの同性愛サロン板に立てられた「ちょっと!石原都知事がゲイに宣戦布告したわ!」というスレッドでの意見は以下の通り。

「テレビに同性愛者が出ていたら子供が同性愛者に育つとでも思ってるのかしら?(中略)それはともかく若い頃の都知事はなかなかイケメンだったわ。弟より良かったわ」
「マツコが都知事お膝元のMXテレビで石原批判してる事に腹を立てたのかしら? 子供っぽい人よね」
「真に受けなくていいと思うのよ。腹を立てるほどの価値もない放言だから」
「とどのつまり隠れゲイならOKってことなんでしょ?>石原の腹の内 」

同性愛サロン板での反応は、余裕綽々(しゃくしゃく)といった雰囲気で、むしろ都知事の発言を楽しむ空気すら感じられた。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト