ネット界の“旬”なニュースをお届け!

萌えフィギュア溶解アートにネット住民驚がく

2010.12.21 TUE

噂のネット事件簿


萌え系フィギュアをドロドロに溶かしたうえで、固めて作ったオブジェ。グロテスクにも見える強烈な姿に驚くネット住民が続出 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
「three」という日本のアーティストによる、萌え系フィギュアを使った芸術作品が衝撃的であるとネット上で注目を浴びている。

ネット住民たちに衝撃を与えたのは、「193.zip」「2002g」などと題された作品で、それらは何体もの漫画やアニメのフィギュアをドロドロに溶かして融合し、再度固めて作ったと思われるもの。

これらの作品群をイギリスの現代アート系のウェブサイト「who killed bambi?」が「Irresitsible…(すごい…)」と、取り上げたところ、日本のネット住民の目にも触れることとなり、2ちゃんねるのニュース速報板に「日本の萌えフィギュアをドロドロに溶かして作ったオブジェクト作品が海外で話題」というスレッドが立てられたのだ。

無数のキャラクターたちの顔や胴体が重なりあいながら融合したこの作品。サイコロ型に切られたその断面がマーブル状になっているほか、一部顔だけ残っているなど、見た目の衝撃度はかなりのもの。ネット住民たちからの反応も、

「ものすごく怖い」
「フィギュアにはそれほど興味ないけど、これは何かゾクッときた、恐怖に近い感覚」
「猟奇的だ」
「地獄ってこんな感じか」
「さすが現代芸術。遠慮もへったくれもないな」
「ますますアートってものがわからなくなってきた」

などといったものが多く、確かに賛否両論あったが、その強烈なインパクトに圧倒されてしまったというネット住民が多かったようだ。ちなみに、作品の多くは「three」のウェブサイト上で見ることができる。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト