ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ネット住民“グーグル人体マップ”裸透視で釘付け

2010.12.27 MON

噂のネット事件簿


閲覧には Google Chromeの最新ベータ版など、WebGL(ウェブブラウザで3DCGを閲覧できる仕様)をサポートする Webブラウザが必要 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
グーグルマップ、グーグルアースなど、情報を集め整理したうえで世の中が見渡せるサービスを次々と発表する米国グーグル社が、16日、今度はその人体版ともいえる「グーグルボディブラウザ」を公開することを発表した。同ソフトは解剖学に基づいた3Dモデルで、皮膚、筋肉、臓器、骨と、層別に人体の内部を見ることが可能。ズームイン・ズームアウトのほか回転させたり、特定部位だけを表示させることもできる。

本公開はまだだが、動画はYouTubeにすでにアップされており、ネット住民は妄想をふくらませている。2ちゃんねるでは

「こりゃすげえ」
「筋肉一つづつ透かしたりして見られるとか凄いな」
「自分の身体をリアルタイムに観察出来たら凄いだろうな…」

と素直に感心したり、さらなる技術の進化を期待するかのような声のほか、

「思春期の中学生が勘違いしちゃうだろ」
「遊べば遊ぶほどトラウマが増やせるな」

と、余計な(?)心配をする声、さらには

「服が透けると、おっぱいの中身まで見えてくるのでエロくない」
「おいおいおい、可愛い女の子にしてくれよ」

と、残念がる声も。あくまで研究用のため、ポージングをとったり表情をつけることができないことにご不満の様子だ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト