ネット界の“旬”なニュースをお届け!

年賀状作成ソフトも!? フリーソフト人気ランク

2010.12.27 MON

噂のネット事件簿


浄土宗のHPにある「除夜の鐘」。108回鳴らせるという。ネットで煩悩は振り払えるか ※この画像はサイトのスクリーンショットです
フリーソフトを多数紹介するサイト「窓の杜」では、収録しているソフトがダウンロードされた数を1週間ごとに集計し、そのTOP30を紹介するコーナー「かうんとだうん窓の杜」を設けている。

12月13日から19日のあいだでのダウンロードランキング上位10位は、

1位「Lhaplus」(20種以上の形式に対応した圧縮・解凍ソフト)
2位「はがき作家 5 Free」(宛名印刷ソフト)
3位「Lhasa」(LZH/ZIP対応の簡単一発解凍ソフト)
4位「+Lhaca」(DLL不要のLhasa風圧縮・解凍ソフト)
5位「PDF-XChange Viewer」(フリーのPDFビューワー)
6位「Glary Utilities」(複数のパフォーマンス改善ツールをまとめた統合PCメンテナンスソフト)
7位「PrimoPDF 日本語版」(フォント埋め込み機能を備えたPDF文書作成ソフト)
8位「FFFTP」(日本語FTPクライアント)
9位「Explzh」(エクスプローラ風のファイル圧縮・解凍ソフト)
10位「Tera Term」(「Tera Term Pro」の拡張版)

となっている。圧縮・解凍ソフトやPDF関連ツールの人気ぶりが目につくが、年末ということもあって、“宛名レイアウトをリアルタイムにプレビューできる宛名印刷ソフト”「はがき作家 5 Free」が12月第一週時点の6位から、2位に浮上。

一方、このランキングを見た2ちゃんねるのユーザーたちは、「解凍ソフトはどれも名前が似てて良く分からん」などとコメントしつつも、自分たちの間でオススメの動画編集ソフトなどを紹介しあっている。そのスレッドをまとめた2ちゃんねるのまとめサイト「風速ニュース」では、

「IDマネージャー」(IDやパスワード管理)
「Roboform」(パスワード入力)
「supercache3」(高速化、試用期間のみ無料の有料ソフト)

などというPCやインターネットを使いこなすユーザーたちならではのソフトが紹介されているほか、

「デスクトップの憂鬱」(デスクトップをリアルなゴキブリやハエが這い回るいたずらソフト)
「愚者マウス」(マウスカーソルが暴れまくる)

といった遊び心満載のものも。

ほかにも大晦日にぴったりな「除夜の鐘」なるサイトも気になるところだ。年末年始ライフは、ますますネットと離れられなくなるかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト