ネット界の“旬”なニュースをお届け!

おせち騒動拡大「詰めこんで出荷する」ゲーム登場

2011.01.06 THU

噂のネット事件簿


具材の位置を回転させたりしながら、おせちを詰めて出荷すると、やる夫に届けてくれるシンプルなゲーム ※この画像はサイトのスクリーンショットです
一定の人数が購入することで、格安クーポンが手に入る共同購入サイト『グルーポン』。このサイトを利用して2万1000円のおせちを半額で購入した人が、12月31日、実際に届いたおせちを見て、おせちを作ったバードカフェの「食べログ」のページに批判的な口コミを投稿した。また、同商品を購入した別の人からの「広告写真と大幅に異なる」「腐っていた」といった報告もネット上に続々とあがり、年明け早々ネット上では大騒動となっている。

おせちの内容については、予想を大幅に上回る数の注文が殺到したため、納期を守ろうとするあまりにずさんになってしまったというのが経緯のようだが、騒動を受けて、バードカフェを運営する株式会社外食文化研究所の社長・水口氏が1日付けで辞任するという事態に発展。しかし騒動はとどまるところを知らず、水口氏の過去のツイッターでの発言や、おせちを調理したとおもわれる店舗への執拗な追跡行為にまでエスカレートしていた。

そんななか、レストランチェーン「ふらんす亭」のオーナー・井戸実氏が、ツイッターで「って言うか止めねぇ? 出してる側も一生懸命作ってんだから。水口さん浮かばれ無いよ」(原文ママ)と発言。この発言について、ネットユーザーの間では「粗悪品作成を擁護するのか」とまた激しい議論となり炎上したが、井戸氏は「にちゃんねらーとか暇だから仕方無いよね」などあっさりスルー。ライブドア元社長・堀江貴文氏も、ツイッターで「グルーポンで出来損ないお節を買った人はショックだったと思うしそれは気の毒だ。だからその業者の社長は責任を取って全額返金と辞任までしてる。十分に責任は全うしてると思う。だからこれ以上外野がとやかく騒ぐことではない」(原文ママ)と言及している。

一方、ネット界では話題のニュースがあると、それらをモチーフにしたゲームがウェブ上に登場するのが通例。今回も早速、おせちを詰め合わせ、人気のAA(アスキーアート)の“やる夫”に届けるゲームが登場している。

なお、水口氏は2ちゃんねるに寄せられている多数の疑問について、4日以降に2ちゃんねるのまとめサイト「ネットのお話」上で回答する旨を表明しているが、5日朝10時現在、まだ回答はなされていない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト