ネット界の“旬”なニュースをお届け!

おたくマップ発表 主要都道府県周辺で上昇傾向

2011.01.17 MON

噂のネット事件簿


「おたくの少ない県」1位・2位は鳥取県・島根県だが、「人がいないだけだろ」(2ちゃんねる)というツッコミも ※この画像はサイトのスクリーンショットです
「おたく」専門ソーシャルマッチングサービス「おたくま」が、「日本全国おたくマップ2010年度版」を発表した。会員に対しての調査結果によると、おたく人口の上位は1位東京都、2位神奈川県、3位埼玉県となったという。

同サービスのリリースによると、昨年3位は大阪府だったが、今年は昨年4位の埼玉が追いぬく形。また前年と比較してみると、一部例外はあるものの、北海道(-0.6%)・東京(-0.5%)・福岡(-0.3%)・京都(-0.2%)などいわゆる主要都道府県が減少傾向にあるのに対し、減少した都市の周辺都道府県である埼玉(0.6%)・千葉(0.4%)・滋賀(0.3%)などが増加傾向と分析している。

12日、アキバ経済新聞がこのリリースを記事にすると、2ちゃんねるでも話題に。そこでは、

「今までただの見た目普通の人がオタク文化に流入することになって、
そういう人達が、俺たちオタクカッケーみたいなノリで騒ぎ始めたイメージがある」
「マニアとオタクとニワカが一緒くたにされてるだけ
ニワカはそりゃ増減するさ」

と、「にわかオタク」(註:流行のアニメに関心をもっていることをアピールするなど、付け焼刃的な知識をもとに自身がアニメに詳しいと自称するファンのことを揶揄して指す単語)が増えているだけだという指摘が相次いでいる。

また、同サービスは、会員のもつ「おたく趣味」をフリーワードで登録(随時変更可能)し、集計するマッチングシステムをもつ。今回同期間に新たにマッチングシステムに登録もしくは変更が記録されている商品名、作品名、人物名など固有名称1万7065ワードを対象に集計を行なった結果、オタクとマッチングするキーワードランキング1位は「ニコニコ動画」。2位以下は「東方Project」「ガンダム」「VOCALOID」「けいおん!!」「ヘタリア」「新世紀エヴァンゲリオン」「ポケットモンスター」「モンスターハンター」「テニスの王子様 」とアニメやゲームが並ぶ。昨年の1位は「東方Project」で、以下「ガンダム全般」「ヘタリア」「FINAL FANTASY」「新世紀エヴァンゲリオン」と続くことからみても、今年度の1位に「ニコニコ動画」が大躍進したことはかなり特異。そのことを

「オタの敷地が下がってるだけじゃね?
ニコ動とかの影響か知らんがにわかが増えた」(原文ママ)
「俺はニコ動とYOUTUBEが出た辺りから変になった気がするな」

と、動画サービスの普及とともにアニメをはじめとしたオタク文化に触れる人が増え、「オタク」の定義が変化してきていると実感する人もいる。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト