ネット界の“旬”なニュースをお届け!

アプリ100億ダウンロード間近 賞金1万ドル

2011.01.20 THU

噂のネット事件簿


App Storeダウンロード100億件カウントダウンキャンペーン。達成は1月20日前後となる見込み ※この画像はサイトのスクリーンショットです
米Apple社は14日、App Storeでダウンロードされたアプリケーションの数が近々100億に達するのを記念し、100億番目のアプリケーションをダウンロードした人に、1万ドル分のiTunesギフトカードを贈るキャンペーンを開始した。

App Storeは2008年7月10日にサービスを開始し、9カ月後の09年4月にダウンロード数10億、10年6月に同50億を突破した。現在のペースで進めば、100億突破は1月20日前後が予想されるので、開始より約2年5カ月でのスピード達成となる。

現在、特設サイトでは、購入やダウンロードしなくても参加できるフォームも用意されており、13歳以上なら誰でもキャンペーンに参加することができる。「賞品は、99億9999万9999番目のAppダウンロードの直後に行われたエントリーに対して贈られ」るとのことで、ダウンロードを伴わない参加フォームからのエントリーも同等に当選のチャンスがあるという。特設サイトのトップページでは100億に向けてのカウントダウンがリアルタイムで表示されており、凄まじい勢いでアプリがダウンロードされていく様子が一目で分かる設定になっている。

なおApple社は昨年2月、iTunes Storeで100億曲目にダウンロードされた曲に関するキャンペーンも行った。記念すべき100億番目となった楽曲はアメリカのカントリーシンガー・Johnny Cashの楽曲「Guess Things Happen That Way」で、ダウンロードをした男性には1万ドル分のiTunesカードが贈られた。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト