ネット界の“旬”なニュースをお届け!

家出息子が漫画家になったと父親ブログで大興奮

2011.01.24 MON

噂のネット事件簿


「5年前に家出した息子」こと空詠大智氏による『揉み払い師』は、特別読み切りが週刊少年サンデーに掲載されたのち、1月25日から無料で読めるコミックサイト『クラブサンデー』で連載される ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ある男性がブログで、家出した息子が漫画家になって『週刊少年サンデー』に載るようになったと大喜びし、ネット上で話題となっている。

このお父さんのブログのタイトルは『きまぐれ通信』。基本的には、週に1回程度のペースで日常を綴っているごく一般的なブログだが、1月13日には「家出した息子が漫画家になり少年サンデーに載るようになりました\( 驚 )/」と題して、息子について書いている。とはいっても、

「あの真面目だった息子が何故家出したのか\( 謎 )/
私なりに考えてみた\( 明白 )/
考えつくのが、
1. 親父の鼻毛が飛び出している \( 恥 )/
2. 親父の屁が臭い \(我慢できない)/
3. 漫画家になりたかった\( 正解 )/
と3つ考えられますが、私が思うには2の屁が臭いだろう\( 自覚症状 )/
冗談はさておき、息子が漫画家を目指して単身東京へ行き不眠不休で頑張ってきたことはまったく知りません\( 親権放棄 )/」

と、かなり軽いタッチ。家出してしまった息子を真剣に心配するという雰囲気はあまり感じられないが、

「息子の漫画が週間少年ジャンプではなく少年マガジンでもなく少年サンデーに載ります\(ワザトラシイ)/
この5年間、小学館の新人賞入選、関係誌、Webのクラブサンデーに掲載\( 拍手 )/
今回はいよいよ小学館の本命、週間少年サンデーに掲載されることになりました\(人材不足)/」(原文ママ)

と、家出した息子が、漫画家として成功への道を歩んでいることを大いに喜んだ。

この家出した息子というのは、漫画家の空詠大智氏のこと。空詠氏の作品『揉み払い師』は、1月19日に発売された週刊少年サンデーに特別読み切りが掲載されており、その後1月25日からウェブ版の『クラブサンデー』で連載される。

このお父さんのブログが一部のニュースサイトで取り上げられると、今度は“家出息子”である空詠大智氏のブログの方も注目の的に。15日の空詠氏のブログには、

「前回の更新から、まったくアメブロを見ていなかったので…
本日、見てビックリ。
アクセス数が1万超えてる?何故?アメンバーの申請も無数に届いてる…何故??
どうやら父親のブログが原因だったようですが…」

との記述があり、若干戸惑っているようだ。

現在『クラブサンデー』では、『揉み払い師』の特設ページがオープン中だが、そこには、乳首らしき部分をクリックすると音が出て、さらに高速でクリックすることでプレゼントの応募ページに移動する、というコンテンツが設置されている。2ちゃんねるなどではこの「乳首クリックシステム」に対して「なんだこれwwwwwwww」「下らなすぎて涙が止まらない」「高橋名人呼んでこい」などの意見が寄せられており、こちらのほうもよくも悪くも注目を浴びているようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト