ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ポスターで話題となった蘇民祭 今年は仏像の写真

2011.01.25 TUE

噂のネット事件簿


今年の蘇民祭のポスター。黒石寺のHPでは「争奪戦参加者は下帯と足袋を各自準備し、必ず着用すること」といった細かいルールも書かれているので、参加者は参照のこと ※この画像はサイトのスクリーンショットです
岩手県奥州市の黒石寺で行われる日本三大奇祭のひとつ、「蘇民祭」のシーズンがやってきた。この祭りは、ふんどし姿の男たちが縁起が良いとされる袋「蘇民袋」を奪いあう祭で、今年は2月9日に行われる。「蘇民祭」が全国的に有名になったのは2008年の「JR東日本ポスター掲示拒否騒動」があったことによる。

2008年のポスターでは、上部にふんどし姿の男たちが多数背中を向けて並んでおり、左側にはヒゲ、胸毛も露わな男性が雄叫びをあげている写真が掲載されていた。ポスターの掲出を依頼された、JR東日本盛岡支社は「客に不快感を与えるかもしれない」ということで掲出を拒否したため全国的なニュースとなり、ネットを中心に大人気となった。

このニュースを受け、2008年2月8日には東京・下北沢で蘇民祭の話題について盛り上がっていた男3人が、酔っ払って全裸でテレサ・テンの『つぐない』を歌いながら街中を歩いて逮捕される「下北沢蘇民祭」が発生するなど波紋を呼んだ。

さて、そんな蘇民祭だが、2009年のポスターは「雪が降る寺」の写真が使われ、2010年は「ヒゲもないやせ型の男性が中腰で両腕を広げている」の写真が使われていた。

ここしばらくは「モノ」「ヒト」が交互になっている蘇民祭ポスター。今年は「モノ」の年なのか、メインビジュアルは仏像の顔となっている。

21日からは「蘇民祭プレイベント 奥州冬物語」がみずさわ観光物産センターで行われ、黒石寺の雰囲気が味わえるビアガーデンがオープン。2ちゃんねるでは、「裸祭り(蘇民祭)に参加するために筋トレ」というスレッドを立てる人も登場。「はじめます。せいやっ! せいやっ!」と意気込みを見せるなど、ネットでも盛り上がりを見せ始めている。

なお、黒石寺の蘇民祭は延々蘇民袋の取り合いをしているイメージがあるが、「裸参り」(2月8日午後10時から)、「柴燈木登り(ひたきのぼり)」(8日午後11時30分から)、「別当登り」(9日午前2時から)、「鬼子登り」(9日午前4時から)を経て、9日午前5時ごろからようやく「蘇民袋争奪戦」が始まり、9日午前7時ごろまで行われるという、ほぼ1日がかりのお祭りなのである。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト