ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ネット発流行語「ヴェンピー的桃太郎」知ってる?

2011.01.27 THU

噂のネット事件簿


Yahoo!知恵袋の投稿。この質問の閲覧回数だけでも1万8000件以上 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
その言葉がネット上にどれだけ広まっているかがわかる「検索ヒット数」。 だがその一方で、検索ヒットがゼロという言葉もある。そんな言葉をネットユーザーの力で流行語にしようという動きが24日から始まっている。

ことの発端は、24日0時33分に2ちゃんねるで立てられたスレッド「検索して0件の言葉を1000ヒットくらいまで流行らせるスレ」。1000ヒットで本当に流行語になるのか?という声もあがったものの、まずは検索ヒット数1000を目指そうという動きに。候補として「ヴェンピー的桃太郎」という造語があがり、その時点で同単語の検索ヒット数がゼロであることも報告されると、流行させる言葉は「ヴェンピー的桃太郎」に決定。

「具体的にどうするんだ?」という質問に対しては「とりあえず、あちこち書いたり、すれば良いんじゃね?」ということになった。また、あちこち書くための設定として「意味 ちんこ」と決定。ネットユーザーの思いは熱く、早速、2ちゃんねるユーザーたちは各質問サイトに続々投稿を開始。例えば、Yahoo!知恵袋では同日1時2分に「あなたはヴェンピー的桃太郎についてどう思いますか?今ネットですごく流行っていますが私はどちらかと言うと反対です。というか賛成する意味がわかりません。あなたのヴェンピー的桃太郎への考えをお聞かせください」という質問が投稿され、「私は流行る前から知ってましたが、もうすっかり飽きてしまいました」「どう思うかって?そんなの簡単だよ。一度使うともうやめられなくなるよ?タバコのようにね」などという回答がなされたほか、同様のやりとりがOKWaveやMSN質問箱、ニコニコ大百科でも。ツイッターでのつぶやきも増え、「ヴェンピー的桃太郎検定」なるものまで作成する人もあらわれた。

2ちゃんねるのスレッドでは、「(拡散のため、質問を)投稿してきた」との報告が次々となされ、ユーザーたちはその後の検索ヒット数の伸びに注目。2時には「飽きてきた」という人もあらわれ始めたが、「おまえらの気持ちはこんなもんだったのかよ?」と檄(げき)をとばす人たちにより、その後ヒット数はじわじわと上昇し始め、4時35分には「google検索1020件ヒット」との報告が。なんと、ちょうど4時間で検索ヒット数1000という目標を達成。

スレッドが立って24時間とたたない同日夜23時台にはグーグルトレンドの急上昇ワード8位になったり(24日トータルでは15位)、グーグルでの検索数は実に2万4000件を数えるなど、実際に“流行”したといえる言葉となった。なお、26日9時にはグーグルでの検索ヒット数は2万4900件。検索数0からスタートしたことを考えると、いかに2ちゃんねらーたちが頑張ったかがわかる。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト