ネット界の“旬”なニュースをお届け!

高校生作のハリウッド映画風動画「中間テスト」

2011.01.27 THU

噂のネット事件簿


英語や中国語でも感想が寄せられている。BGM・演出の技術は言語をこえるということか ※この画像はサイトのスクリーンショットです
受験生はもとより、学生や生徒はテストに追われるものだが、YouTubeにアップされた、高校2年生の中間テストをネタにした動画が話題をよんでいる。これは富山県の高校2年生と称するユーザーが“投稿テスト”として投稿したもので、12月29日から1月26日までの約1カ月間で10万3000回以上の再生回数となるほどの人気だ。

「富山県立高岡高等学校2学期中間テスト」と題された同動画は、映画の予告編のような音楽とともに「2010年6月末 富山県高岡市高岡高校 全生徒840人 その全員の前に 試練が訪れる――」と始まり、

「試練は6つ」
「幻惑と懐古の試練(国語)」
「抽象と唯一の試練(数学)」
「真理と曖昧の世界(物理)」
「極小と膨大の試練(化学)」
「時間と空間の試練(社会)」
「未知と異界の試練(英語)」

と、教科ごとのタイトルと問題例が巧みな画像処理で表示される。

全部で2分半強と短くほとんどテキストだけというシンプルなものながら、BGMと画像処理のクオリティの高さに、動画を観た人からは

「ハリウッド映画が始まるかと思った! 」
「本当に学生?いや、今すぐプロになれるよ!」
「感動しました!
テストでは量れない物が世の中にはたくさんありますね。
例えばあなたの才能のように」
「すばらしいセンスに嫉妬
こんなに技術があるなら将来の心配は要らないね」

と、驚くべき技術とセンスに脱帽する人が続出。一方で「これ作る暇があったら勉強せいwww」というごもっともなコメントも。

また、「立ちはだかる未知の試練 今まで多くの人々がこの試練に苦しみ恐怖し絶望した」「しかし この試練を乗り越えた先には幸福と安堵と希望がある」「最後に与えられるのは絶望か希望か それとも―――」と締めくくられる同動画には、「すごいな。来年受験か。受験勉強でこの才能が埋もれないことを祈るよ」と、その才能をこれからますます磨いてほしいという声もあがるほどの高評価もなされている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト