ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「漫画家共有の背景データベース」着々と進行中

2011.02.21 MON

噂のネット事件簿


話題のきっかけになった山本直樹先生のマンガ背景データベース。「漫画業界だけでなく、アニメ業界も参加すると幅が広がる。背景それ自体の提供は難しくとも、ロケハン写真とか提供できれば」という意見も ※この画像はスクリーンショットです
15日、漫画家のうめ氏は、山本直樹氏が漫画ファンのためのエンタテインメント・サイト「漫画街」に無料で「すぐに使えるマンガ背景データ」を公開していることを発見。ツイッターで紹介した。山本氏は『レッド』で第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞している実力派だ。

うめ氏が紹介すると、すぐさま「こういうの各漫画家さんが公開できるマスター背景をアップできるところがあればいいなーと思うんですよね」という声があがり、同意見のうめ氏が「漫画家共有の背景データベースって作れないかなあ。あと参考写真とか」とツイートすると、

「それちょっと前からつくろうかと思ってたんですけど、一緒に作りませんか?」
「共有するだけなら全然簡単なんすけど、どうやって検索しやすくしたり投稿しやすくしたりするか、と管理運営くらいなんすよね難しいのは。背景線画だけでなく、タッチもあるでしょうから資料写真DBもあるといいすよね」

話題はと一気に“漫画家背景共有データベース”実現の方向に。そして、

「共有される背景は、使用者が最終仕上げをすることを前提にした、出来るだけプレーンな画が良い」
「作成後、その背景を使いたい人がいれば500円払う、それはサーバー運営費にするとか、プール金として使う」

など運営ルールについて議論が深まり、なんと翌16日には早くも仮サイトがオープンした。集合知としての同構想には賛成の意をあらわす人が多いなかで、「こんな使い回し、はっきり言って手抜きでは? (中略)本質を見失う危険性が大だと思う」という否定派もいるが、うめ氏は「個人的には、諸問題、課題を明らかにするためにも、まずはごく限られた範囲で、いろいろテストを行うことがなにより先決と考えています」と前向きな構えを崩してない。

17日には携帯電話向けマンガ閲覧ソフトを開発し、マンガ・アニメの制作用ソフトも手がけるセルシスが「背景共有専用サイトを無料でご提供できるかもしれません」と話題に参加し、実現に向けて動きは着々と進んでいる様子である。なお、議論の様子はツイッターで「#haikei_db」と検索すれば読むことが可能だ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト