ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ネットと実店舗を連携させたサンプリングサービス

2011.02.24 THU

噂のネット事件簿


サンプリングの流れ(Yahoo! JAPANプレスリリースより) ※この画像はサイトのスクリーンショットです
Yahoo!JAPAN、伊藤忠商事、ファミリーマート、ファミマ・ドット・コムの4社が共同で、14日よりインターネットサンプリングサービスを開始している。

同サービスは、Yahoo! JAPANの無料試供品応募サイト「プレモノ」と伊藤忠、ファミリーマートグループが共同提供するクーポン発券サービス「Famiポートクーポン」を連動させた仕組み。「プレモノ」において応募者にアンケートを実施し、その結果を参考に企業が商品のターゲットとなるユーザー(潜在購買者層)を抽出。当選したユーザーに対してクーポンIDを発行する。ユーザーがこのクーポンIDを全国約8100店のファミリーマート店頭に設置された「Famiポート」端末に読み込ませると、レジで試供品と引き換えることができるという流れだ。

企業サイドは、従来のサンプリングよりもターゲットを絞り込んだサンプリングが可能なほか、「プレモノ」サイトを通じて当選者に事前・事後のアンケートを実施することも可能。人件費などのサンプリング運営コストも削減できるという。

街頭でのサンプリングというこれまでの手法に比べれば、確かに効率的なこの仕組み。気になるのは、サンプリンググッズを入手するために、これだけの手間ひまをかけるユーザーがどの程度いるのか、という点だが、うまくハマれば「配りっぱなしで効果不明」という企業側のこれまでの課題を解決するサービスになりそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト