ネット界の“旬”なニュースをお届け!

リラックマのパチスロ化に作者「知らなかった」の衝撃

2011.02.25 FRI

噂のネット事件簿


オーイズミが開発したリラックマコラボのハネスロ。ホール導入は4月後半の予定 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
グッズ用キャラクター「リラックマ」がパチスロになることが発表されたところ、作者が「知らなかった」と戸惑いの声をネットに発表。リラックマを巡って熱い議論が発生している。

ことの次第は以下の通り。まず16日、パチスロ会社オーイズミは、リラックマをキャラクターとしたパチスロの新機種『ハネスロリラックマ』を発表した。すると翌日、リラックマの作者であるコンドウアキ氏のツイッターに、リラックマのパチスロ化を快く思わない人物から「なぜリラックマのパチスロ化をOKしたのか?」という意味のツイートが登場。これに対してコンドウ氏が「私も寝耳に水状態で、正直同じく動揺をしております」と答えたため、ネット上で一気に話題となった。

コンドウ氏は「リラックマのライセンシー関係は、全て版権元(編集部註:キャラクタービジネスなどを展開するサンエックス株式会社)に一任しておりました」と断りつつも、

「リラックマ版権元には、これまでつくりあげてきたリラックマの世界観を
大事に守っていただきたいと本日改めてお願いいたしました」
「リラックマを好きで、応援してくださっていたファンの皆様にショックを与えたことに
心からお詫び申し上げます」
「心苦しいの一言です」

と、不信感をあらわにした。これに対し、ネット上では

「リラックマのパチスロ化など呆れて声も出ない。一体どんな客層を狙ってるんだ?」
「著作権の中の『イメージを損ねてはならない権利』はリラックマをデザインし
た人に残ってるだろ」

と、コンドウ氏の肩を持つ意見も出たが、

「(版権を)一任するとはそういうこと」
「コンドウアキがsan-xの社員時代に作ったキャラで、
フリーになったのはその後だからな
元々リラックマの版権をSAN-Xに許諾したとかそういう話じゃねーから、元々san-xのもん」(原文ママ)

とサンエックス側に理を認める者も少なからずおり、意見は大きく二分した。

そして23日、コンドウ氏は、リラックマの著作権がサンエックスに帰属することを明言したうえで、「お互いのキャラクターに関する認識のちがいがあった」ことを公表。一連のコメントはサンエックスも了承済みだということを明かしつつ、「今後はお互いのリラックマの世界観について統一をはかる」と述べ、ここにリラックマ問題はひとまずの決着を見た。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト