ネット界の“旬”なニュースをお届け!

新聞社ニュースサイト タイトルの2ちゃんねる化が激しい

2011.03.01 TUE

噂のネット事件簿


「2ch以外で『オワタwww』とか見るとチョー引く。。。」との声も ※この画像はサイトのスクリーンショットです
インターネット用語が広まり、雑誌の見出しに「キター」「~なう」などと使われるのを見かけたことがある人もいるだろう。そんななか、新聞社ニュースサイトのタイトルでも2ちゃんねる用語っぽいものがあると話題である。

2ちゃんねるユーザーが発見し、話題となっていたのが2月23日にアップされたZAKZAKの「カダフィ人生オワタw 公安相も反体制デモ支持」という記事。

「人生オワタ」とは、悲観的な状況にもかかわらず開き直っているニュアンスを表わすネットスラング、「w」は(笑)という意味のネットスラングだが、このタイトルに対し、2ちゃんねるでは「ふざけすぎだろ」「オワタだぶりゅーとかwww」とあきれた反応。あまりにストレートな2ちゃんねる系用語での見出しのつけ方に、「これ、ν速(編集部註:2ちゃんねる系掲示板)にでもスレ立てるつもりだったんじゃねーの」という声もあがったほどだ。

実はこの「ニュース記事の見出しが2ちゃんねるっぽい」ものは昨年からちらほら話題となっており、6月には日刊スポーツが「盗撮狙い→女性叫び声→男転倒→逮捕」と矢印で時系列を表した見出しをつけ、2ちゃんねる系掲示板のタイトルのようだと話題になっていた。その後、この“矢印手法”は、8月の読売新聞サイトが「墜落ヘリ、回収のメド立たず→原因究明も進まず」、11月には産経新聞サイトが「駆除しようとゴキブリに火→燃えたまま逃げる→作業場500平方メートル全焼」などと使用。読売新聞サイトと産経新聞サイトはたびたび矢印を使っていたようだが、12月には朝日新聞サイトasahi.com.も「速度超過見つかり停止→車内に籠城→窓たたき割られお縄」と見出しに使用したことが2ちゃんねるで報告されている。

ほかにも産経新聞サイトは「ピエロ鳩山、涙目で『ボクは何…』不可解な言動“殲滅(せんめつ)戦”演出」(9月)と“涙目”を使用。『涙目』とはそもそも目に涙を浮かべた状態のことだが、ネットスラングでは嘲笑した意味合いを含み、この場合後者の使われ方だった。

一部では“ネット読者向けだからいいのでは”という声もあるものの、2ちゃんねるでは「いずれAA(※アスキーアート。半角英数文字などを使って作った顔文字など)になるな」という声もあがっている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト