ネット界の“旬”なニュースをお届け!

暴論?正論?女がモテるコツは「SEXできそう」

2011.03.02 WED

噂のネット事件簿


2月18日に発売された勝間和代氏の最新刊『恋愛経済学』。勝間さん独自の恋愛論に加え、秋元康氏との対談も収録されている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
経済評論家の勝間和代氏が、最新の著作の中で「もし女性が男性にモテたいと思ったら、相手に『セックスできるのではないか』という期待を持たせるのが一番簡単な方法」という自説を披露。この説が物議をかもしている。

J-CASTニュースによると、勝間氏は2月18日に発売された最新の著書『恋愛経済学』で、「女性の方が高望みすると一生結婚できません」「自分が稼いで、ほどほどの男で手を打て」といった独自の恋愛観を披露。さらに氏は、女性がモテるためには「セックスできるのではないかと期待を持たせるのが一番」という説を唱えている。

この扇情的なメッセージは2ちゃんねるでも話題となり、

「それは、そうなんだけど
はっきりそういわれると複雑な気持ち」
「これは否定できないw」
「間違いなく真理だな」
「その通りだからなんともいいようがない」

という賛成の意見から、

「※美人に限る」
「それは『モテてる』のとはちょっと違う」
「数をこなすのとモテてることとは同じじゃないんだぜ?」

という反対意見まで、わずか3時間余りで1000件以上の書き込みが殺到。男性陣は、勝間氏の説くなんとも身もフタもない意見に対し、「認めざるを得ない」「認めたくない」と、大いに頭を悩ませた。

そんななか、賛成・反対の両者から大絶賛されたのが「欲しがりません勝間では」という、戦時中標語をパクった書き込み。このウマすぎるダジャレは、辛口の2ちゃんねらーからも

「上手いwwwww」
「おまえすげーよ」
「16(発言者の番号)のセンスに激しく嫉妬w」

と激賞され、ネット住民の間では、これが事実上の回答として認められている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト