ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ジャニーズ公式サイト写真解禁にファンも感動

2011.03.04 FRI

噂のネット事件簿


Amazon.co.jpでの、嵐のシングル『Lotus』のページ。CDジャケット画像は使われていない。タレントの画像が解禁となったジャニーズ事務所の公式サイト『Johnny’s net』では、CDジャケットの画像も掲載されている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
SMAPや嵐が所属するジャニーズ事務所といえば、肖像権の管理にとても厳しいことで有名だ。基本的にネット上では、所属タレントの写真使用が禁止されており、公式サイトですらタレントの写真が使われていなかった。ところが2月28日、突如として公式サイトのプロフィールページに、タレントの写真が登場し、多くの人々を驚かせている。

そもそも公式サイトだけでなく、所属タレントの写真が使われているCDやDVDジャケットを通販サイトで使うことも規制しているジャニーズ事務所。Amazon.co.jpでSMAPや嵐のCDを検索してみると、タイトルとアーティスト名のみが書かれた画像がジャケットとして使われているケースが確認できる。

また、CMやテレビ番組の公式サイトでジャニーズ所属タレントの写真だけ掲載されていないという例も少なくない。しかし、こちらのほうは徐々に方針が変わってきたようで、最近でいえば、ニンテンドー3DSのサイトにCM出演している嵐の写真が掲載されているように、所属タレントの写真がネット上で使われるケースも増えていた。

今回の公式サイト上での写真解禁にあたって、ジャニーズ事務所から特別なアナウンスがあったわけではないが、少なくともかつてのようにネット上での画像使用をかたくなに規制し続けるというスタンスではなくなったといえそうだ。ファンたちもこの写真解禁についてツイッターで、「ついにこの日がきたのね!!」「ジャニーさん、ありがとう☆」「公式行ってみたら本当だった。ちょっと感動してしまった」などと、驚きつつも大いに喜んでいるようだ。

公式サイトに掲載された画像は、一般的に使われること多いjpgやgif画像ではなく、右クリックもできない仕様になっており、画像がネット上に広まることへの対策がなされている。ちなみに、事前にジャニーズ事務所の承諾がない限り、外部のサイトからジャニーズ事務所の公式サイトにリンクを貼ることは禁じている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト