ネット界の“旬”なニュースをお届け!

国民「共通番号」名称募集にネット住民投げやり

2011.03.04 FRI

噂のネット事件簿


内閣官房のサイト上で募集中の「共通番号」の名称。最終的に採用される名称は「民間有識者による選考を経て、5月までに『政府・与党社会保障改革検討本部』において決定」するとのこと。締め切りは3月23日 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
2月24日、政府は導入を検討している「社会保障・税に関わる番号制度」で国民が取得することとなる固有の番号(『共通番号』という仮称で呼ばれている)の名称の公募を始めた。

この「共通番号」は、年金、医療などの各社会保障分野と、国税、地方税の各税務分野の窓口で利用されるもの。いろいろな行政機関がバラバラに保有している国民の情報を「共通番号」を通じて結びつけ、同一人物のものとして統合的に把握できるようにするのだという。現在は、制度の導入に向けて、実務検討会が開かれている段階で、公表されている「社会保障・税に関わる番号制度についての基本方針(案)」によると、今年の秋以降の可能な限り早期に「番号法(仮称)」案と関係法律の改正法案を提出する方針とのことだ。

「共通番号」の名称案は、内閣官房のサイト上のウェブフォームと、メール、郵送で募集されている。ウェブ上での募集となると、2ちゃんねるなどから、一風変わった名称案が多数寄せられそうな気もするのだが、今回についてはそうでもないようだ。ちなみに「共通番号」名称募集に関するスレッドを見てみると、

「年金番号流用で良いよ」
「何でもかんでも公募すりゃいいってもんじゃないだろ」
「どうせしあわせ国民ナンバーみたいなよくわからん名前になるんdなろうな」(原文ママ)
「国民番号でいいだろ
わかりにくい余計な名前考えんな」

などと、面白いネーミングやセンスあふれるネーミングを求める声はほとんどなく、どちらかといえばちょっぴり投げやりな意見が多かった。まだ法案もできていない段階の「共通番号」ということで、ネット住民が興味を示さなかったのも仕方ないのかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト