ネット界の“旬”なニュースをお届け!

宮城県出身の芸能人 ブログで綴る現在の心境

2011.03.18 FRI

噂のネット事件簿


現在、アクセスランキング上位を独占するサンドウィッチマンの2人。危うく難を逃れた2人は、義援金のよびかけなども盛んに行っている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
東北地方を中心に未曾有の被害を生んだ東北地方太平洋沖地震。特に大きな被害を受けた宮城県出身の芸能人はブログでどのように心境を語っているのだろうか。

まず、宮城県仙台市出身のお笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおと富澤たけしの2人は、地震当日、気仙沼市でロケを行っていたことから、話題となっていた。地震のほんの1時間ほど前には「まぁ、見事な水平線ですわ」(伊達みきお)とブログにつづっていた2人は、地震の直後から

「津波で街は大変です。
現在、山から下りれる状態ではありません」(伊達)
「さっきまでロケをしていた場所は流されてもうありません」(伊達)
「停電のために暖がとれず、だいぶ寒くなってきました」(富澤)

と、生々しい被害状況をリポート。その後も、仙台市内や実家の被害状況を刻々と報告する一方、富澤はブログのコメント欄を安否確認の場として提供し、「安否確認専用」と題されたエントリーには、3月17日現在、3000件近くコメントが寄せられている。

一方、ブログでつらい報告を行ったのは、気仙沼市出身のマギー審司。地震翌日、

「僕の実家が気仙沼です。
宮城県の方、気仙沼の方
停電で充電がギリギリかとは思いますが…
状況を教えてくださいm(__)m」

とつづった彼だったが、15日に「11日の地震で祖母が亡くなりました。タンスに挟まれていたそうです」と報告。マギーは、

「本当は声を出して泣きたいけど、
もっと辛く厳しい被災地で頑張ってる皆さんの事を考えると
泣けないんです。
今はとにかく一人でも多くの人が助かってくれる事を心より願っています。
そして僕は今出来ること精一杯していきたいと思います」

と気丈に振る舞っている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト