ネット界の“旬”なニュースをお届け!

エルシャダイ体験版開始!震災応援動画は25万回再生

2011.04.19 TUE

噂のネット事件簿


オフィシャルサイト。ビジュアルの美しさも話題だ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
「そんな装備で大丈夫か?」というセリフが昨年のネット流行語大賞にまで選ばれたゲーム『エルシャダイ』。主人公を操り、大天使たちの力を借りながら堕天使たちを捕縛・浄化し地上界を救うという3Dアクションゲームで、予告編の動画の「そんな装備で大丈夫か?」「大丈夫だ、問題ない」というやりとりが大流行。ニコニコ動画で二次創作動画を作るユーザーが多数登場し、大ブームとなったものだが、実際のゲームはまだ発売されていなかった。

そんな同作について、14日、開発元のUTV イグニッション・エンタテイメントが体験版を無料配信することを発表。配信が開始されると、早速体験版を操作する様子を動画に収めてニコニコ動画にアップするユーザーが現れ、「雰囲気すげえ好きだ」「音楽いいなあ」などと人気を博している。なかにはアップして4日間で12万回以上再生されるものもあるほどだ。

震災後、3月発売予定だったゲームソフトの多くは、発売が延期された。同ゲームも3月17日に予定されていた体験会を中止するなどしたものの、当初の予定通り、4月28日に発売する運びに。一方、ディレクターの竹安佐和記氏は3月15日、「被災者のみなさん どうか負けないでください 必ず未来は そこにあります 希望を捨てないでくれ!」というメッセージとともに大天使ルシフェルというキャラクターのイラストをブログにアップしていた。また3月16日にはこのイラストにルシフェル役の声優・竹内良太氏が、声をあてた動画を自らニコニコ動画に公開しており、

「ありがとう」
「泣けたwwwwwwww」
「マジ天使」

などという感想が書きこまれ、今月18日までの約1カ月で25万回以上再生されている。

なお、4月28日の正式版発売以降1年間、売り上げの一部は「日本赤十字社」「あしなが育英会」「国境なき医師団」を通して寄付されるとのこと。期間限定で中目黒にオープンする「エルシャダイカフェ」で販売される限定グッズの利益もすべて義援金として寄付するという。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト