ネット界の“旬”なニュースをお届け!

任天堂次世代ハードはタッチパネルコントローラ?

2011.04.20 WED

噂のネット事件簿


米ゲーム情報サイト「IGN」が作成した、任天堂の新ハードのコントローラの予想モックアップイメージ。6インチのタッチスクリーンが搭載されていると噂されている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ゲームファンの間では、各ハードメーカーの次世代機に関する噂が頻繁に飛び交うが、ここ最近、特に話題となっているのが任天堂の次世代ゲーム機だ。

通称「Wii2」あるいは「Wii HD」などと呼ばれ、ネット上では数年前からいろいろな噂があがっていた任天堂の次世代機。裸眼3D対応の携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」が発売されたばかりだというのに、4月に入ると新しい据え置き型ゲーム機に関する噂が飛び交い始めた。

噂の発信源は主に海外のゲームサイト。アメリカのゲーム雑誌『Game Informer』の公式サイトは、複数のソースから得た情報として、「PS3やXbox 360と同程度のグラフィック性能を持つ」「2012年末に発売予定」などと報じ、米大手ゲーム情報サイト「IGN」も独自に取材した情報として「PS3やXbox 360よりもパワフルで、ハードコアなゲームファンがターゲット」「6月のE3(世界最大のゲーム見本市)で発表」などと報じた。

また、フランスのサイト「01.net」には、この新ハードが「Project Cafe」というコードネームで呼ばれており、コントローラには6インチのタッチパネルスクリーンが搭載されているとの情報を掲載。すると今度は、噂話だけでは足りないといわんばかりに、「IGN」が独自に作成したコントローラのモックアップイメージを公開した。

こうした海外サイトの動向を受け、日本のネット住民たちも敏感に反応。2ちゃんねるのゲーム業界・ハードウェア板をのぞいてみると、

「こういう妄想って当たったためしがないのに」
「かなり面白い物が出て来そうだけど、一般人が食いつく何かがあるのかどうか」
「フェイクだと思うんだけどなぁ
高コスト、壊れ易いものは作らないと思うんだけど…」

などと、コメントが多数投稿され話題となっているものの、比較的冷静な反応が多かった。現在飛び交っている情報がどれほどまでに正しいものかはまったく分からないが、日本ゲームファンたちをさらに盛り上げるには、少なくとも正式な情報が発表されるまで待つ必要がありそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト