ネット界の“旬”なニュースをお届け!

休講になるほど人気のゲーム『Portal 2』とは?

2011.04.26 TUE

噂のネット事件簿


発売日に休講となった学校も出てくるほど人気のゲーム『Portal 2』。穴から穴へとワープしながら脱出を図るパズル系FPS ※この画像はサイトのスクリーンショットです
4月18日(現地時間)に北米、EU、オーストラリアなどで発売されたゲーム『Portal 2』(Windows、Mac、プレイステーション3、Xbox 360)が、予想以上の人気だとネット上で話題となっている。

『Portal 2』は、FPS(ファースト・パーソン・シューター)と呼ばれる一人称視点で描かれたシューティングアクションにパズルの要素を取り入れたゲーム。「ポータル銃」を使って壁や天井に「ポータル」という穴を作りながら、ステージから脱出するという内容だ。同時に作れる穴は2つで、それぞれ穴から穴へとワープすることができる。この穴を様々な場所に開けながら、出口への道筋を探し出すゲームだ。

日本では決して知名度が高いわけではないこのゲームだが、前作『Portal』はゲームのネット配信サービス「STEAM」で400万ダウンロードを超えており、世界中で支持されている。当然その続編『Portal 2』にも注目が集まっており、発売初日から好セールスを記録しているという。さらに、ゲーム情報のニュースサイト「G4TV.com」は、発売日に生徒の多くが『Portal 2』をプレイするために講義を休んだという理由で、休講になったケースまであったと報じている。この件についての詳細は明らかにされていないが、いずれにしろかなりの注目度といえそうだ。

なんともすごい人気の『Portal 2』だが、ゲーム関連ブログの「はちま起稿」がこのニュースを紹介すると、日本のゲームファンたちは、

「すげーな
昭和のドラクエ状態かよw」
「こんな影響力ある作品だとは知らなかった」
「そんなに面白いのか?
買ってみようかな」
「なるほど
文化が違えば国民ゲーも違うと言う事か
おもしろいな」

などとコメント。かつて小中学生が学校を休んで発売日におもちゃ屋に並んだ『ドラゴンクエスト』シリーズを思い出すとともに、『Portal 2』に興味をそそられたゲームファンが多数のぼったようだ。

日本語版の『Portal 2』は、WindowsおよびMac向けはすでに発売中で、プレイステーション3向けとXbox 360向けは5月19日に発売予定だ。日本でも海外同様、人気ゲームとなるかどうか、注目が集まるところだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト