ネット界の“旬”なニュースをお届け!

Wii後継機発売決定にゲームファンワクワク

2011.04.28 THU

噂のネット事件簿


06年の発売以来、販売台数が8600万台以上のWii。後継機の発売は2012年 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
4月に入り、ゲームファンの間ではしきりに「任天堂『Wii』の後継機が発売される」との噂がささやかれていたが、4月25日に任天堂は、Wiiの後継機となる新しいゲーム機の発売を正式発表。8600万台以上を売り上げた大ヒットゲーム機の後継機発売に、ゲームファンたちが盛り上がっている。

任天堂によると、後継機の発売は2012年。今年6月7日から米・ロサンゼルスで開催されるビデオゲーム展示会「E3 ショー」で体験版が発表され、具体的な仕様はそこで初めてお目見えとなる。

任天堂の岩田聡社長は、昨年夏に開催された株主総会で、すでにWiiの後継機を開発中であることを明らかにしていた。今月19日には海外発のリークにより、Wii後継機の発売がいよいよ間近に迫っているとの噂が広まり、今回満を持すような形で公式発表へとつながった。

後継機の発売が発表されると、ゲームファンたちからは、

「きたああああああああああああ」
「ついにきたか
やべええ
任天堂ブランドのHD映像超みたかったからな」

といった歓迎の声が上がる一方、

「後継機を出すなんて、
任天堂はあれほど自信を持って発売した
Wiiの何が不満なんだろう」
「WiiがPS3や箱○みたいな路線に行くとは思えないし、単にHD対応させるだけなのかな」

と、現状以上のものに予想がつかないという声も。。また、リモコンを巧みに使った前作Wiiの操作性が画期的だったため、

「棒振りの次はなんだ?w」
「リモコン以上のものができたというわけか」
「五感で体感できるゲーム機クル━━━━(゜∀゜)━━━━!!」
「Wiiの後継機なら、家で人間ドックが出来るくらいでないと意味ねー」

と、スペック予想も大変盛り上がっている。

岩田社長はWiiの後継機について、「任天堂は家庭用ゲーム機の新しいアプローチを提案するつもり。3Dのテレビはさほど普及していないので、3Dを主要な特徴とするのは難しい」と述べている。発売まではまだかなり日数があるので、ゲームファンによるWii後継機談議は当分続きそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト