ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「TwitPicの写真を転用はOK」で炎上

2011.05.17 TUE

噂のネット事件簿


13日にアップされたねとらぼの記事。TwitPicは10日に規約改変後、同日にブログで謝罪している ※この画像はサイトのスクリーンショットです
IT情報ポータルサイト『IT media』が13日、同サイトの人気コーナー「ねとらぼ」で紹介した記事によると、Twitterと連携した写真投稿サービスのTwitPicで、利用規約の改正をめぐって一部ユーザーがボイコットを呼びかける「炎上」騒ぎが起きていたという。

10日に改正された規約では、TwitPicに投稿された写真の著作権は投稿者にあるとしつつも、ユーザーはTwitPicにコンテンツをアップロードすることで、同社にコンテンツの利用や配信を認めることになるなどとしたため、ユーザーが反発。「#boycottwitpic」タグをつけた投稿が世界各国から相次いだ。その後TwitPicは公式ブログで謝罪し、再度規約を変更したというが、同ハッシュタグで投稿しているのは圧倒的に海外ユーザー。日本ではそもそも規約変更に気がつかなかったユーザーが多かったようで、「ねとらぼ」の記事を受け話題に。ツイッター上では

「これはアカンだろ」

という意見があがったが、

「使われても気にしないけどなw 」
「投稿した時点で著作権は無いと思ったほうがいいかもね」

と気にしないというコメントも多かった。また、

「こういう規約って確認せずに利用したりしてしまうからなぁ」
「ネット上のサービスを利用していると、この手の問題って必ずでる。利用するときから、覚悟とか認識とかしておかないとね」

と自分で注意しなくてはならないというコメントも。なお、TwitPicでは規約再改正後は「すべての著作権はユーザーにある」と明記しつつも、コンテンツとしての利用やパートナーへの配信の権利はTwitPicにあるとしている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト