ネット界の“旬”なニュースをお届け!

オーストラリア「腹ばい」ブームに「理解できない」

2011.05.20 FRI

噂のネット事件簿


Facebook内にある「Planking Australia」ページのプロフィール写真として投稿された画像。サングラスをかけた男性が円形のオブジェのようなものの上で“プランキング”している。5月19日11時現在、このページに「いいね!」を押しているのは14万1021人。概要には「BE SAFE!!」と書かれている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
今、オーストラリアのネットユーザーを中心に、いろいろな場所で腹ばいになっている写真をネット上で公開する「プランキング」という行為が、大流行している。

プランキングが行われるのは、道路、キッチン、ガードレールの上、地下鉄の看板の上などなど、普通なら人が寝転ぶことのないような場所。そこで、両腕をまっすぐ伸ばして体の横にくっつけ、うつ伏せで寝そべっている写真を撮影し、ネットに投稿する遊びである。いかに変わった場所でプランキングをするかという点を楽しんでいるようで、バランスの悪い高所や自動車が走っている道路など、かなり危険な場所で行われるケースも少なくない。

そして、現地時間の5月15日の早朝、ブリスベンで地上7階のバルコニーでプランキングをしていた男性が転落死する、という事故が発生してしまう。これには“エスカレートしたネットのブーム”として日本のメディアも注目、ニュース番組でも取り上げられるなどした。

そんなプランキングだが、日本のネットユーザーたちはどう見ているのだろうか。2ちゃんねるに立てられた死亡事故に関するスレッドを見てみると、

「なにがたのしいのかさっぱりわからん」
「ネットの流行って傍から見ると全然面白さがわからないものが多いよね」
「さすが外人さんのやることは理解できないぜ」

と、まったくもってプランキングの面白さを理解できないという意見が多かった。

また、同スレッドにはオーストラリアのネットユーザーによるものと思われるプランキングの画像が多数貼られていたが、日本のネットユーザーにとっては少々退屈だった様子。途中からネコがテレビの上で横たわっている写真や、トラと一緒に僧侶が寝ている写真、元横綱の曙選手がリング上でダウンしている写真など、日本のネットユーザー独自の解釈による“プランキングっぽい写真”がアップされていた。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト