ネット界の“旬”なニュースをお届け!

70代の4割、80代の2割がネットを利用

2011.05.24 TUE

噂のネット事件簿


60歳以上が集う2ちゃんねる「60歳以上(仮)」板。書き込みが活況を呈しているスレッドは、「老人会の人間模様」「(;つД`)年金10万以下で生活してる者集まれ!」「60才から~70歳を過ぎての夫婦の営み」等々 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
総務省は18日、「平成22年通信利用動向調査」の結果を発表。70歳代の約4割がインターネットを利用していることが判明し、ネット上で話題となっている。

この調査は、家庭や企業の情報通信サービスの利用状況を調べるため、総務省が毎年行っているもの。今年度の調査では、「インターネットの利用者は9462万人(前年比54万人増)」「ブロードバンド回線の利用率77.9%」「都道府県別利用率80%以上は神奈川、東京、京都、大阪、愛知」などの結果が発表された。

しかしなかでも注目を集めたのは、70歳以上のインターネット利用率の飛躍的な増加。調査によると、70~79歳のインターネット利用率は前年度比6.3ポイントUPの39.2%に、また80歳以上でも前年度比1.8ポイントUPして20.3%になっており、総務省もこの結果を今回の調査のポイントとしてピックアップしている。

それを証明するかのように、2ちゃんねるには「60歳以上(仮)」という板が存在し、「60まで生きてきて、結局、何が大事だったか?」「74歳だけど、何か質問ある?」「最近の若いやつは なっとらん!」といったスレッドで、60歳以上とおぼしき現役2ちゃんねらーたちが、

「わしか?ギンギンの66歳15日だ。2ゲットかな?」
「親子四代2ちゃんねらーとは儂の事だ」
「老人会で後家をナンパしたら無視された」

と、日々書き込みを行っている。こうしたスレッドは2ちゃんウォッチャーにも

「なんなんコイツらwwwwwwwwwwwwwwww」
「年寄りサイコーwwwwwwwwww」
「老後も俺らの居場所あんじゃん」

と、大変好評だ。日本の人口変化に伴い、今後こうしたネット上でアクティブに活動する高齢者は増えていくのかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト